このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 子供家庭 の中の 子育て支援 の中の 助成・給付 の中の 東京都特定不妊治療費助成 の中の 【重要】特定不妊治療の保険適用に向けた経過措置について のページです。

本文ここから

【重要】特定不妊治療の保険適用に向けた経過措置について

従来の「特定不妊治療費助成事業」は令和3年度末をもって終了することとなりましたが、令和4年4月1日時点で治療が続いている方については、経過措置(令和4年4月1日から令和5年3月31日まで)が適用されます。


*緑色の部分が経過措置の対象です。

上図治療(1)【令和4年3月31日までに終了した治療】

保険適用に向けた経過措置ではなく、従来の助成制度での申請となります。要件、申請期限等はこちらでご確認ください。なお、申請期限にはご注意ください。

※申請様式についても、従来の申請様式が使用できます。

上図治療(2)【令和4年3月31日までに開始し、令和4年4月1日以降に終了する治療】

保険適用に向けた経過措置に該当する治療です。

対象となる治療

・令和4年3月31日以前が「治療開始日」である「治療ステージA、B、D、E、F」の治療(上図治療(2))
・令和4年3月31日以前に受精胚にした凍結胚(余剰胚)を移植する「治療ステージC」の治療(上図治療(3))

助成回数

ご夫婦(事実婚の方も含みます)1組につき1回限り

※ただし、従来の助成制度で助成上限回数に達していないご夫婦、または初めて自治体に申請するご夫婦に限ります。
 (助成上限回数:通算1回目の助成時における治療開始日時点の妻年齢が40歳未満…6回/40歳以上43歳未満…3回)

対象要件

・治療開始日から申請日までに夫婦であること(事実婚含む。)。
・「1回の治療」の開始日における妻の年齢が42歳以下であること。
・申請日時点で、夫婦のどちらか一方が東京都(八王子市の区域を除く。)に住民票があること。
・申請する治療が、令和4年3月31日までに指定を受けた指定医療機関で行った治療であること。
・都に申請する治療分について他自治体の助成を受けていないこと。

対象となる費用

・開始日が令和4年3月31日以前であり、終了日が令和5年3月31日までの「1回の治療」について、かかった費用(保険適用外)
・開始日が令和4年3月31日以前であり、令和5年4月1日時点で継続中の「1回の治療」について、令和5年3月31日までに医療機関に支払った費用(保険適用外)
一連の治療の中で保険適用の治療を行った場合は、経過措置の助成対象外となります。

助成上限額

・治療ステージA,B,D,E …30万円
・治療ステージC,F …10万円
・男性不妊治療(精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術)を行った場合…上記に加え30万円まで

申請期限

1回の治療が終了した日の属する年度の末日(令和5年3月31日消印有効)まで

※令和5年1月から3月までに終了した治療に限り、同年4月30日(当日消印有効)まで申請可能です。

必要書類

従来の特定不妊治療費助成事業の必要書類と同様です。→申請に必要な書類

※「特定不妊治療費助成申請書」「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」については、こちらから新しい様式をご利用ください。

上図治療(4)【令和4年4月1日以降に開始した治療】

原則、助成の対象外です。

ただし、治療開始日が令和4年4月1日以降であっても、治療ステージCの場合は受精胚にした日が令和4年3月31日以前であれば、経過措置の対象となります(上図治療(3))。
なお、一連の治療の中で保険が適用された治療を行った場合は、助成の対象外です。

Q&A

Q1.
受けた治療の中に、先進医療として実施されていたものが含まれていました。
この費用は対象となりますか。
A1.
先進医療の費用は対象外です。

Q2.
治療が令和5年3月31日までには終わらない見込みです。
この場合も助成対象でしょうか。
A2.
助成対象となりますが、対象となるのは、令和5年3月31日までにかかった費用のみです。

Q3.
年齢特例はどのようになりますか。
A3.
年齢特例は、該当される方には引き続き適用されます。年齢特例の詳細については、こちらから確認してください。

Q4.
男性不妊治療(精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術)を令和4年3月31日までに行いました。
この手術でとれた精子を用いての妻の治療の開始が令和4年4月1日以降になりました。
この場合、妻の治療の費用は、助成対象外となるのでしょうか。
A4.
主治医の方針に基づき、採卵前に男性不妊治療を行った場合、妻の治療開始が令和4年4月1日以降になったとしても、妻の治療費も助成対象となります(下図参照。)。
なお、保険が適用された治療を受けた場合、助成の対象外となります。



*男性不妊治療と特定不妊治療とが助成対象となるのは、上記のとおりです。

Q5.
従来の助成回数が3回残っています。
令和4年3月31日以前に採卵を3回行い、令和4年4月1日以降に自由診療で胚移植を行います。
妊娠しなかった場合は、令和4年度中にあと2回自由診療で胚移植をする予定です。
この場合でも、申請できるのは1回限りですか。
A5. 
令和4年4月1日以降に終了した治療については、 申請回数は1回限りです。

Q6. 
今後、保険診療の予定がない患者です。
この場合でも、年度をまたぐ治療を助成金として申請できる回数は1回限りなのですか。

A6. 

年度をまたぐ治療の申請回数は1回限りです。

Q7.
令和4年3月31日以前に採卵から始め、凍結していた胚(余剰胚ではないもの)が1個あります。
この胚を令和4年4月以降に保険診療で胚移植します。
経過措置のステージBとして申請できますか。
A7.
申請できません。一連の治療の中で保険診療を行ったものは、経過措置の対象外です(下図参照。)。

令和4年4月以降に自由診療で胚移植した場合は、ステージBとして申請できます。

Q8.
令和4年3月31日以前に受精胚にした余剰胚が2個あります。
そのうち1個を令和4年4月に保険適用で移植しました。
妊娠しなかったため、残りの1個を令和4年5月に自由診療で移植します。
令和4年5月に自由診療で移植した治療を経過措置のステージCとして申請できますか。
A8.
経過措置の要件を満たしていれば、申請できます。
保険診療を行ったことがあるという理由で、経過措置の申請ができなくなるわけではありません。


*一連の治療の中で保険診療を行ったものは、経過措置の対象外です。

注意

※治療(1)については、これまでどおり受付をしております。申請期限までに、お早めにご申請ください。

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部家庭支援課母子医療助成担当(03-5320-4362) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。