このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 子供家庭 の中の 保育サービス の中の ベビーシッター利用支援事業 の中の ベビーシッター利用支援事業(新型コロナウイルス関係) のページです。

本文ここから

ベビーシッター利用支援事業(新型コロナウイルス関係)

ベビーシッター利用支援事業(新型コロナウイルス関係)の概要

 ベビーシッター利用支援事業等の対象者に、新型コロナウイルス感染症の影響により、「臨時休園等となった保育所等の利用児童」や「臨時休業となった小学校等に通う小学生」を追加し、子育て世代への支援を強化します。
 本事業は、新型コロナウイルス感染症の影響により、認可外のベビーシッターの利用を余儀なくされた場合に、これによる新たな費用負担を軽減するため、利用料の一部を助成することにより、保護者の支援に資することを目的としています。
 なお、本事業による助成金は、通常の待機児童対策のベビーシッター利用支援事業と異なり、所得税法上の非課税所得に該当します。

※本事業を実施するかどうかは、区市町村ごとに異なりますので、お住まいの区市町村の保育主管課に直接お問い合わせください。

臨時休園等となった保育所等の利用児童

※補助対象期間を令和2年9月30日までから令和3年3月31日までに延長したため、要綱及び利用約款を更新しました。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う保育所等の臨時休園等への対応に係るベビーシッター利用支援事業(ベビーシッター事業者連携型)

新型コロナウイルス感染拡大に伴う保育所等の臨時休園等への対応に係るベビーシッター利用支援事業(区市町村バウチャー型)

新型コロナウイルス感染拡大に伴う保育所等の臨時休園等への対応に係る区市町村認可居宅訪問型保育事業

臨時休業となった小学校等に通う小学生

新型コロナウイルス感染防止のための小学校臨時休業への対応に係るベビーシッター利用支援事業(ベビーシッター事業者連携型)

新型コロナウイルス感染防止のための小学校臨時休業への対応に係るベビーシッター利用支援事業(区市町村バウチャー型)

新型コロナウイルス感染防止のための小学校臨時休業への対応に係る区市町村認可居宅訪問型保育事業

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 保育支援課 民間保育援助担当(03-5320-4131) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。