このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

1日体験入学

 令和4年5月28日(土曜日)に一日体験入学を開催しました。
 東京都立看護専門学校では毎年、看護への理解と関心を深めるとともに、将来の職業選択に役立ててもらうことを目的に一日体験入学を行っています。当日は抽選の結果、高校生から社会人までの36名が参加されました。
 学校概要の説明の後に、「血圧について」の模擬講義を行いました。看護学校での授業の雰囲気に触れてもらうために、身近な食品の効用や、心臓の役割や血液の流れについて、パワーポイントを使用しながら説明しました。
 また学校をご案内し、その後、グループに分かれ、血圧を測定してみたり、パルスオキシメーターで酸素飽和度を測定したり、マネキン型シミュレーターにより、心音や呼吸音の聴取を体験していただきました。
 初めて聴診器から聞こえる血流の音に参加者からは「聴診器から音が聞こえました!」「血圧の値を読み取れた。」等の声が聞かれ、心音や呼吸音の聴取に感動している場面もありました。
 参加後のアンケートにも「わかりやすい説明をありがとうございました。自分が看護学生になっている様子がイメージできました。」「看護師という仕事に関心を持てて目指してみようと思えました。」「映像や話を聞くだけでなく、実際にもいろいろと体験ができて看護師になるために頑張ろうと思えた。すごく楽しかった。」などの感想をいただきました。
 今後も看護に興味・関心が高まる活動を計画し、当校の魅力をお伝えしていきたいと思います。

本文ここまで


以下 奥付けです。