イキイキしたまいにちを応援!とうきょう健康ステーション
TOPに戻る主な生活習慣病の発症・重症化予防生活習慣の改善ライフステージを通じた健康づくりと健康を支える社会環境の整備東京都健康推進プラン21
HOME > 主な生活習慣病の発症・重症化予防 > 乳がんを早期発見するための「ブレスト・アウェアネス」

乳がんを早期発見するための「ブレスト・アウェアネス」

乳がんとは

 乳がんは、乳房の「乳腺」と呼ばれるところにできるがんであり、日本人女性の9人に1人がなるといわれています。
 乳がんになる人は、30歳代後半から増加し、40歳以上の働き盛りの年代にも多く、この年代の女性のがん死亡原因のトップです。しかし、早期発見・早期治療により、90%以上の人が助かる※ことがわかっています。

 ※ここでいう「助かる」とは、診断時からの10年相対生存率です。
 出典:公益財団法人がん研究振興財団「がんの統計2021」

乳がんを早期発見するために大切な生活習慣「ブレスト・アウェアネス」

 乳がんを早期に発見するためには、日頃から乳房の状態を意識する生活習慣=「ブレスト・アウェアネス」が大切です!(検診対象世代ではなくても大切な生活習慣です。)

~「ブレスト・アウェアネス」4つのポイント~

  1. 普段から乳房をチェックして、自分の乳房の状態や月経周期による変化を知っておきましょう。
  2. 乳房の変化に気を付けましょう。
  3. 気になる変化に気づいたときには、検診を待たずにすぐに乳腺外来のある医療機関を受診しましょう。
  4. 自覚症状がなくても、40歳から2年に1回、定期的に検診を受診しましょう。

乳房チェックのやり方をご紹介します!

 乳房に変化を感じた場合には、すぐに乳腺外来のある医療機関を受診することが大切です。しかし、普段の自分の乳房の状態を知らなければ、変化があったときにすぐに気づくことができません。変化に気づくためにも、普段から自分の乳房をチェックしてみましょう。乳がんを見つけようという意識ではなくて、自分の乳房の感じや月経周期による変化※を知っておくことが重要です。
 ※ 月経前に乳房の張りを感じ、月経後半には張り感が減少していきます。

●見るときのポイント

鏡に向かって、次の姿勢を取り、乳房の変化をチェックします。
見るときのポイント
  • 両腕を高く上げる
  • 両腕をまっすぐに下ろす
  • 両腕を腰に当てる

こんな変化はありませんか?

□ひきつれ、□くぼみ、□ただれ

●触るときのポイント

  • 3~4本の指をそろえ10円玉大の「の」の字を書くようにして、乳房全体をゆっくり触り、乳房の状態をチェックします。特に乳房の外側上部は注意しましょう。
  • 脇の下をチェックします。
  • 乳首を軽くつまんで、血液などの異常な分泌物がないかチェックします。
  • ※仰向けに寝た姿勢や、お風呂に入ったときに石けんのついた手で触るとわかりやすくなります。
こんな変化はありませんか?

こんな変化はありませんか?

  • □乳房のしこり
  • □脇の下のしこり
  • □乳首からの分泌物

イラスト:ミツコ

参考HP

○乳がん検診の適切な情報提供に関する研究(厚生労働省研究班)

 「ブレスト・アウェアネス(乳房を意識する生活習慣)のすすめ」
 https://brestcs.org/information/self/

参考リンク集

○乳がん検診について知りたい方へ

○乳がん検診を受けたい方へ

 乳がん検診はお住まいの区市町村で受けることができます。

○東京都のピンクリボン(乳がん検診啓発)の取組を知りたい方へ

○乳がんや乳がん検診、乳房チェックの方法などについて知りたい方へ

 ポータルサイト「TOKYO#女子けんこう部」(東京都福祉保健局)

PDFファイルによる情報提供について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
アドビ社ロゴ Adobe Readerのダウンロードへ
なお、PDFファイルによる入手が困難な場合は、下記の担当係にお問い合わせください。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 健康推進担当 です。

このページのトップに戻る