イキイキしたまいにちを応援!とうきょう健康ステーション
TOPに戻る主な生活習慣病の発症・重症化予防生活習慣の改善ライフステージを通じた健康づくりと健康を支える社会環境の整備東京都健康推進プラン21

子宮頸がん

国では、子宮頸がん検診は、20歳以上が対象で、2年に1回受けることを推奨しています。
これから、がん検診を体験してみましょう!

子宮頸がん検診体験記

ドクターポイント

子宮頸がん検診
子宮がん検診
子宮がん検診
がん検診が終了しました。
検診結果は基本的には2週間以内に受け取ることができ、郵送で届く場合と、受診して医師から説明を聞く場合があります。検診結果は、「精密検査不要」か「要精密検査」のどちらか一方です。
検診だけでは子宮頸がんを診断することはできず、子宮頸がんやCIN(がんになる前の状態)の診断をするためのより詳しい検査が必要です。精密検査が必要と書かれていても、「要精密検査=がん」ではありません。子宮頸がんの精密検査を実施できる医療機関を受診しましょう。
異常のなかった方も、定期的ながん検診をこれからも続けていきましょう。

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 成人保健担当 です。

このページのトップに戻る