このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

これまでの調査結果

東京都の取り組み

東京都では、健康被害の未然防止、犯罪の防止及び薬物乱用防止等の目的で、平成8年から都内の危険ドラッグ専門店等で危険ドラッグを購入し、健康安全研究センターで試験検査を行っています。その結果、指定薬物や医薬品成分等が検出された違反製品を取り扱っていた店舗等には、製品の販売中止、回収等の指示を行い、都民の方に製品の危険性等を周知するため、報道公表を行っています。

今までのプレス公表概要

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 薬務課 監視指導担当(03-5320-4512) です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

危険ドラッグ対策

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。