このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

知事指定薬物

 
 令和2年8月26日、東京都薬物の濫用防止に関する条例に基づく知事指定薬物として5薬物を指定し、知事指定薬物は5薬物となりました。(令和2年8月27日施行)
 また、この5薬物が医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に規定する大臣指定薬物に指定されたため、令和2年9月5日に知事指定が失効し、知事指定薬物は0薬物となりました。
 
 なお、東京都では、これまで、条例に基づき162薬物を知事指定薬物として指定し、その全てが大臣指定薬物又は麻薬及び向精神薬取締法に規定する麻薬に指定されています。

 知事指定薬物を含有する物品については、条例第14条の規定により製造、販売、所持、購入、譲受け、使用等が禁止されています。
 ただし、国や地方公共団体等における学術研究又は試験検査の用途や工業用の用途(研究も含む。)の目的で知事指定薬物を所持等することは、条例第14条及び同条例施行規則(平成17年東京都規則第59号)第3条で正当な理由として規制の対象から除外されています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 薬務課 監視指導担当(03-5320-4512) です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

危険ドラッグ対策

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。