このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

麻薬施用者免許申請書

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、一部手続きを除き、郵送受付を実施いたします。
詳しくは「新型コロナウイルス感染症に関する麻薬取扱者免許事務手続きについて」のページをご確認ください。
なお、窓口受付は以下のとおり実施しております。

※重要※ お知らせ

※窓口の受付時間変更のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のため、令和2年5月25日(月)から当面の間、窓口の受付時間が下記のとおり変更になります。

なお、令和2年6月30日までは、現行の受付時間(午前9時から午後5時まで(手数料がかかる手続きは、午後4時30分まで)) でも対応いたします。

<変更後>
午前9時から午後2時まで
ただし、水曜日は午前9時から午後5時まで(手数料がかかる手続きは午後4時30分まで)


※ 様式の一部変更について
令和元年12月より「申請者の欠格条項(4)」が削除されました。
新しい様式をご使用いただきますようお願いします。

内容

疾病治療の目的で、業務上麻薬の施用等を行う際に必要な免許の申請様式です。

様式

添付書類

  • 資格を証明する免許証(医師・歯科医師・獣医師)の写し
  • 診断書(申請書2ページ目の様式を御使用ください。)
  • 開設届の写し(新規に麻薬診療施設になる場合に必要です。)

手数料

  • 4,600円/件

申請

  • 申請時期 : 事前(免許が必要になる日のおおむね1か月から2週間前までに申請してください。)
  • 受付期間 : 月曜日から金曜日まで〔祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く。〕
  • 受付時間 : 午前9時から午後2時まで

ただし、水曜日は午前9時から午後5時まで(手数料がかかる手続きは午後4時30分まで)

※なお、令和2年6月30日までは、現行の受付時間(午前9時から午後5時まで(手数料がかかる手続きは、午後4時30分まで)) でも対応いたします。

  • 申請方法 : 申請書、添付書類、手数料を受付窓口に御持参いただくか、御郵送ください。

※郵送手続きについては「 新型コロナウイルス感染症に関する麻薬取扱者免許事務手続きについて 」のページをご確認くだいさい。


備考

<窓口受付時の諸注意について>

  • 代理人による申請・免許証の受理は可能です。
  • 免許証の交付については郵送が可能です。御希望の場合は、レターパックプラス(520円で郵便局で販売)に宛名を記入し、申請時にお持ちください。レターパックライト(370円で郵便局で販売されている青い封筒)では郵送できませんのでご注意ください。
  • 200枚を超える場合及びゆうパックを希望される場合は、ゆうパックのラベルと切手(690円分)をお持ちください。
  • 郵送交付希望の場合は、原則としてレターパックプラスをお持ち頂きますが、病院の会計処理の都合上、どうしてもレターパックプラスを用意できない場合は、宛先を記入し切手(郵便料金+簡易書留分)を貼った封筒での郵送交付も対応いたしますのでご相談ください。

<継続申請について>

  • 継続申請の手続きの御案内(7~8月頃、麻薬業務所である病院宛にお送りします。)をご確認ください。

受付窓口・お問い合わせ先

健康安全部薬務課薬事免許担当(東京都庁第一本庁舎30階北側)
電話 03-5320-4503(直通)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 薬務課 薬事免許担当(03-5320-4503) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。