このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

毒物劇物による事故の際の措置

毒物劇物による事故が発生した場合は、関係機関へ速やかに連絡し、自らも必要な応急措置をしなければなりません。

飛散・漏洩、浸出、流出した場合

図 除害剤をまくイラスト

警察署消防署保健所へ連絡してください。

盗難又は紛失した場合

図 紛失に驚くイラスト

警察署へ連絡してください。

応急措置について

個々の毒物劇物の応急措置の方法については、販売の際に提供されるSDS(毒物劇物の取扱いに関する情報)に記載されていますので参考にして下さい。

毒物劇物による中毒について

何らかの症状がでている場合には、すぐに医療機関を受診しましょう。また、症状がでていなくても、時間が経って発症することもありますので注意が必要です。
毒物劇物の毒作用や治療方法に関する情報が必要な場合には、中毒110番に問い合わせてください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。財団法人 日本中毒情報センター

(有料)


お問い合わせ

このページの担当は、福祉保健局健康安全部薬務課毒劇物指導担当(※毒物・劇物について問い合わせは、問い合わせ先一覧の各保健所等にお願いします。)です。

本文ここまで


以下 奥付けです。