このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 健康・安全 の中の 食品の安全 の中の 東京都食品安全FAQ の中の その他に関すること の中の パッケージに入ったまま電子レンジで調理すると、パッケージが熱で溶けないか心配です。【食品安全FAQ】 のページです。

本文ここから

パッケージに入ったまま電子レンジで調理すると、パッケージが熱で溶けないか心配です。【食品安全FAQ】

回答

  • 食品に使われているパッケージには、熱に強く電子レンジで加熱調理できるものと、加熱すると変形したり溶けたりするものがあります。
  • パッケージに電子レンジOKと書かれているものは、使用方法と加熱時間を守れば、溶け出すことはありません。なお、耐熱温度の目安は、140℃です。

詳細

その他のこと

 食品パッケージに使われているプラスチックには、主にポリプロピレン(PP)とポリスチレン(PS)の2種類があります。ポリプロピレン(PP)は、耐熱性が高く、耐熱温度が140℃以上のものだと電子レンジで使用することができます。



  一方、熱に弱いポリスチレンなどを用いた電子レンジ不可のパッケージを誤ってレンジ加熱した場合には、変形したり溶けてしまったりすることがありますが、万一食べてしまっても、消化・吸収されることはありません。しかし、レンジ不可のパッケージの加熱は、販売の際には想定されていないことですので、加熱前にはパッケージをよくご確認ください。



参考ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本プラスチック工業連盟HP「安全性についてのQ&A」

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

その他に関すること

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。