このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 健康・安全 の中の 食品の安全 の中の 東京都食品安全FAQ の中の 食中毒に関すること の中の フグ以外にも、毒のある魚はいるのですか?また、毒のある魚でも、正しい調理を行えば食べることができますか?【食品安全FAQ】 のページです。

本文ここから

フグ以外にも、毒のある魚はいるのですか?また、毒のある魚でも、正しい調理を行えば食べることができますか?【食品安全FAQ】

回答

  • 毒のある魚はフグだけではありません。中には食用の魚とよく似た有毒魚もいます。食用と確実に判断できない魚は、絶対に食べない、売らない、人にあげないことを徹底してください。
  • また、有毒魚の毒の中には、加熱や冷凍などの処理を行っても壊れないものがあります。魚の鮮度も関係ありません。
  • フグの調理には正しい知識と処理技術が必要です。自分で釣ったフグの調理は絶対にやめてください

詳細

食中毒に関すること

食中毒に関すること

食中毒に関すること


毒のある魚(例)
シガテラ毒
 食中毒症状:食後、2から30時間程度で下記の症状を発症します。
 (消化器系)下痢、吐き気、おう吐、腹痛など
 (循環器系)徐脈(脈が遅くなること)、血圧低下など
 (神経系)関節痛、しびれ、ドライアイスセンセーション(温度感覚異常)
 毒のある魚(例):バラハタ、大型のイシガキダイ、イッテンフエダイ、バラフエダイ、オニカマス


パリトキシン・パリトキシン様毒
 食中毒症状:食後、おおむね12から24時間後に下記の症状があらわれます。
 回復するまでには数日から数週間かかり、重篤な場合には死に至ることもあります。
 激しい筋肉痛(主症状)、呼吸困難、歩行困難、胸部の圧迫感、麻痺、けいれんなど
 毒のある魚(例):アオブダイ、ハコフグ、ソウシハギ、ウミスズメ


ビタミンA
 食中毒症状:(ビタミンAの過剰摂取による)激しい頭痛、発熱、吐き気、おう吐、皮膚のはく離など
 毒のある魚(例):イシナギ(肝臓)


異常脂質(ワックスエステル)
 食中毒症状:下痢
 毒のある魚(例):アブラソコムツ、バラムツ


フグ毒(テトロドトキシン)
 食中毒症状:口・舌のしびれ、頭痛、おう吐、手足のまひ、言語障害など
 呼吸困難で死亡する場合あり
 毒のある魚(例):フグ類


 

参考ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都福祉保健局「見慣れない魚にご用心!~有毒魚介類による食中毒~」

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

食中毒に関すること

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。