このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 健康・安全 の中の 食品の安全 の中の 東京都食品安全FAQ の中の 食中毒に関すること の中の 食中毒になるとしたら、何時間後くらいに具合が悪くなるのですか?【食品安全FAQ】 のページです。

本文ここから

食中毒になるとしたら、何時間後くらいに具合が悪くなるのですか?【食品安全FAQ】

  • 食中毒の一般的な症状と潜伏期間について教えてください。

回答

  • 食中毒の症状が見られるようになるまでの時間は、原因となる食中毒菌等により異なります。短いものでは食品を食べた直後、長いものでは1週間以上経ってから症状があらわれることがあります。
  • 食中毒が疑われる場合には、医師の診察を受けることをお勧めします。

詳細

食品表示に関すること


 食中毒の一般的な症状として、吐き気、おう吐、腹痛、下痢が挙げられ、発熱を伴う場合もあります。
 食中毒の原因となる菌やウイルスに感染してから症状が見られるようになるまでの時間を「潜伏期間」といいます。潜伏期間は、原因となる食中毒菌やウイルスにより異なります。例えば、近年食中毒発生件数が多いノロウイルスの潜伏期間は24時間~48時間ですが、カンピロバクターでは2~7日です。
 また、細菌が増殖する際に産生する毒素(黄色ブドウ球菌が産生するエンテロトキシンによる食中毒や、キノコや毒魚などの自然毒による食中毒、ヒスタミンなどの化学物質による食中毒の場合には、摂取してからすぐに嘔吐などを発症する可能性があります。
 なお、摂取した食品の量や体調などによって、同じ原因菌やウイルスでも潜伏期間が異なることがあります。
 食中毒の一般的な症状は上記のとおりですが、フグやキノコなどに含まれる自然毒によって麻痺などの神経症状が起こることがあります。また、マグロやカツオなどの赤身の魚に含まれるアミノ酸の一種であるヒスチジンから、ヒスタミン産生菌などの細菌により、ヒスタミンが生成され、それを摂取すると、頭痛や発疹、発熱などの症状の食中毒を引き起こすことがあります。



食中毒に関すること




参考ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都福祉保健局「食中毒を起こす微生物など」

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省「食品の安全に関するQ&A」

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

食中毒に関すること

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。