このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 環境・衛生 の中の 環境・衛生施策 の中の 化学物質対策 の中の ダイオキシン類生成汚染調査 の中の 平成13年度 ダイオキシン類生物汚染状況調査結果報告 のページです。

本文ここから

平成13年度 ダイオキシン類生物汚染状況調査結果報告

平成14年7月26日
健康局
「平成13年度 ダイオキシン類生物汚染状況調査」結果報告

都は、ダイオキシン類について、東京都内湾の汚染状況の推移を監視することを目的として、内湾に生息する魚貝類を対象とした調査を実施しています。
13年度の調査結果は以下のとおりです。

1 調査方法

(1)調査時期   
魚類:平成13年9月から10月まで、貝類:平成13年8月

(2)調査地点
(図1)

東京都内湾の5地点(隅田川河口、荒川河口、多摩川河口、中央防波堤外側2カ所)

(3)調査生物   
スズキ、ボラ、コノシロ、ムラサキイガイ各10検体   
マアナゴ、マハゼ各4検体

(4)分析項目   
ポリ塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン(PCDD)14種類、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)15種類及びコプラナーポリ塩化ビフェニル(コプラナーPCB)12種類の異性体 

2 調査結果

(1)魚類のダイオキシン類濃度の平均値は、5.0pg-TEQ/gであり、前年度(5.5pg-TEQ/g)と比べて低い値を示した。

(2)貝類のダイオキシン類濃度の平均値は、1.2pg-TEQ/gであり、前年度(1.6pg-TEQ/g)と比べて低い値を示した。

(3)スズキ及びコノシロについては前年度よりダイオキシン類濃度が高い値を示したが、ボラ、マアナゴ、マハゼ、及びムラサキイガイでは、低い値を示した。

(4)スズキ、ボラ及びムラサキイガイでは、採取地点の違いにより、ダイオキシン類濃度の差が現れたが、その他の魚種では、採取地点の違いによる汚染状況の差は明確には見られなかった。

3 今後の対応

今回の調査の結果、東京都内湾のダイオキシン類汚染状況は、これまでと比べて明確な変化はなかった。今後も本調査を継続し、東京都内湾の汚染状況を監視していく。

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 環境保健衛生課 調査担当(03-5320-4493) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。