このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 環境・衛生 の中の 動物愛護 の中の お知らせ の中の 新型コロナウイルス感染症による入院・宿泊療養の際のペットの飼育について のページです。

本文ここから

新型コロナウイルス感染症による入院・宿泊療養の際のペットの飼育について

PCR検査の結果を待つ、ペットの飼い主の方へ

新型コロナウイルスへの感染の有無を確認するPCR検査で陽性となった場合、

  1. 感染症指定医療機関など感染管理を適切に行うことができる病院への入院
  2. ご家族等への感染を防止するため、東京都等が運営する宿泊施設等での療養

のいずれかの対応をお願いしています。
入院や宿泊療養となっても、ご家族等にペットの世話をお願いできない場合やペット同伴型施設での療養ができない場合には、知人の方にお預かりいただくか、ペットホテルを利用いただくことなどが必要となります。
万が一に備え、検査結果が出る前から、ペットを預けるための準備をしておくことが大切です。

ペットを預けるための準備のポイント

1 信頼してペットを預けられる方に相談しましょう

ご家族や知人など信頼してペットを預けられる方に連絡し、いざという時に預かっていただけるようお願いをしておきましょう。また、ペットホテルの情報についても事前に確認し、問合せ等を行うことを検討してください。

2 ペットの性格や飼育上の注意点などの情報をまとめましょう

ペットを預かっていただく上で必要となる情報をノートなどにまとめてお渡しできるようにしておきましょう。
(例)ペットの名前、年齢、性別、不妊去勢手術の有無、マイクロチップ装着、運動習慣、性格(嫌がること、怖がること、好きなこと、喜ぶこと)、健康状態、かかりつけの動物病院、飼育上の注意点など

3 飼育に必要な用具の準備・逸走対策をしましょう

リードや遊具、飼い主表示の物品のほか、常備薬や療法食などペットの命や健康に関わるものは最優先で準備しておきましょう。

ペットの受渡しの際は相手の方への感染に注意してください

(1)預かり先の方に自宅までペットを受取りに来てもらう場合

飼い主がペットをケージ等に入れて玄関先に置いた後に、受取り側が置かれた場所に向かうなど、相手との直接の接触を避けるようにしてください。

(2)ペットホテルなどに預ける場合

知人の方などに代理を依頼し、(1)と同様に接触を避けてペットを引き渡し、ペットホテル等まで送っていただいてください。
なお、ペットから人に新型コロナウイルスが感染した事例は、これまで報告されていません。

相談先について

〇新型コロナウイルスとペットに関する一般相談、PCR検査を受けたが陽性が判明したときの対応がわからない場合の相談先
・動物愛護相談センター本所(特別区、島しょ部)
電話番号:03-3302-3507
・動物愛護相談センター多摩支所(多摩地域)
電話番号:042-581-7435
受付時間:平日 午前8時30分から午後5時45分まで
〇陽性が判明した時点で預け先が見つかっていない場合は、お住まいの地域を担当する各保健所にご相談ください。

参考情報(東京都獣医師会ホームページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。飼い主のみなさまへ(新型コロナウイルスQ&A)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために知っておきたいこと

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。あなたが万が一新型コロナウイルス感染症にかかってしまう前にすませておくべきペットを預ける準備のポイント

お問い合わせ

このページの担当は 健康安全部 環境保健衛生課 動物管理担当(03-5320-4412) です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

お知らせ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。