このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

毎年、12月3日から9日は「障害者週間」です

令和4年11月10日
障害者施策推進部計画課

 12月9日は、1975年に国連で「障害者の権利宣言」が採択された日です。また、障害者基本法では、12月3日から9日までを「障害者週間」と定めています。
 障害者の自立と社会参加を実現していくためには、都民の理解と協力が大変重要です。東京都では、広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めるため、都民の理解と認識を深めてもらうことを目的とした、障害者週間にちなんだ以下の取り組みを行います。
 本年度は、『広げよう 理解の輪から 笑顔の和』を啓発ポスターの標語とし、障害者週間をPRしていきます。

啓発ポスターの掲示 標語『広げよう 理解の輪から 笑顔の和』

障害者週間期間中、都内の公共交通機関・学校・公共施設等に掲示します。
<原画>神山早弥花さんの作品「キツツキの森」(第37回東京都障害者総合美術展入賞作品)
<標語>保岡直樹さんの作品(一般公募)


令和4年度障害者週間ポスター

第42回ふれあいフェスティバル-令和4年度「障害者週間」記念の集い―

障害のある人もない人も、お互いがふれあい、楽しみながら障害や障害のある方に対する理解と関心を深めることができるイベントです。

1 日時 令和4年12月5日(月曜日) 13時から15時10分まで(開場:12時)

2 会場 東京都庁第一本庁舎5階 大会議場

3 主催 東京都及び公益財団法人日本チャリティ協会

4 プログラム
 ◆ 記念式典 ◆
  ○障害者自立生活者・自立支援功労者への知事賞及び記念品贈呈
 ◆「ふれあいステージ」◆
  ○ふれあいトークショー
   パラリンピックメダリストの杉浦佳子さん、鈴木孝幸さん
  ○ふれあいパフォーマンス
   富田安紀子さんの和太鼓演奏
   光陽師想真さんのダンスパフォーマンス
   東京都立板橋特別支援学校音楽部の皆さんの器楽演奏

5 お問合せ先
 福祉保健局障害者施策推進部計画課
 電話 03-5320-4147
 ファックス 03-5388-1413

障害者の電話相談(法律・福祉)

障害のある方を対象に、弁護士や障害者相談員などが専門的な電話相談(ファックス、メールでも可)を行います。

1 日時
 12月3日(土曜日)から9日(金曜日)まで(5日(月曜日)を除く)
 各日10時から17時まで(受付は16時まで。12時から13時までは除く)

2 相談先
  東京都障害者社会参加推進センター
  電話 03-5261-0807
     03-5261-0729
     03-3268-7184
ファックス 03-3268-7228
  メール info@tosinren.or.jp

東京都障害者福祉会館相談事業

障害別に、対面・電話により相談できます。てんかん・精神障害・自閉症・肝臓障害関係の相談及び法律相談は予約制です。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/syoukan/index.html

障害者理解促進特設サイト「ハートシティ東京」

障害別の困ったこと、サポート方法の事例など、心のバリアフリーを広げる情報を発信しています。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/tokyoheart/

ヘルプマーク


ヘルプマーク

 障害に関するシンボルマークは、それぞれの障害者団体が独自に提唱しているものもありますが、東京都では、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、「ヘルプマーク」を作成し、普及に取り組んでいます。
都営交通、ゆりかもめ及び多摩モノレール等で、ヘルプマークを配布するとともに、優先席にステッカーを標示しています。
 平成29年度には、経済産業省において、JISZ8210(案内用図記号)に、「ヘルプマーク」が追加され、全国の自治体で導入が進んでいます。  
ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/helpmarkforcompany/index.html

  
 ※ ヘルプマークのデザインについては、著作権は東京都に帰属するともに、商標登録をしています。デザインの利用に当たっては、趣旨に
   沿った、適正な利用をお願いします。
 ※ ヘルプマークをフリマサイト等で売買することは、御遠慮ください。全国でヘルプマークが導入されており、無償でお受け取りいただけ
   ます(お住まいの地域の自治体に問合せください)。

デジタル技術を活用した聴覚障害者コミュニケーション支援事業

 聴覚障害などのある方が、都庁や都事業所へ来庁した際に、お手持ちのスマートフォン等の端末を利用して、「遠隔手話通訳」を利用できるサービスを提供しています。
 また、東京都へ問い合わせをする際に、通訳オペレーター等が職員との電話を通訳する「電話代理支援」も行っています。
 
 事業の詳細や利用方法等は、以下のサイトからご確認ください。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/ictdeaf/index.html

参考:電話リレーサービス(総務省所管)

電話リレーサービスリーフレット

 聴覚や発話に困難がある方ときこえる方を、24時間365日、通訳オペレータが手話・文字と音声を通訳して電話で双方向につなぐサービスです(令和3年7月開始)。緊急通報、病院への連絡、家族や友人との会話など広く利用できます。

 利用登録・利用方法等は、手話・字幕付きの動画で紹介されています。
 詳しくは日本財団電話リレーサービスのURLからご確認ください。

【問い合わせ先】
総務大臣指定 電話リレーサービス提供機関 一般財団法人日本財団電話リレーサービス
電話 03-6275-0912(カスタマーセンター)
ファクシミリ 03-6275-0913
URL https://nftrs.or.jp/

お問い合わせ

このページの担当は 障害者施策推進部 計画課 社会参加推進担当(03-5320-4147) です。

本文ここまで

以下 奥付けです。