このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都市場衛生検査所 の中の 百貝万魚 市場の水産物情報 の中の 厚生省通達により措置が定められた魚介類 のページです。

本文ここから

厚生省通達により措置が定められた魚介類

食品衛生法第6条第2号違反の魚種 

オニカマス(カマス科)

オニカマス

毒成分 シガテラ毒
特徴 ・体側の上半分に横縞がある。
・尾びれの形が特徴的で上下葉の先端はとがり、中央部に切れ込みがある。
・背びれ及びしりびれ後方に離鰭(りき)は無く、それによって大型のサワラ類と区別できる。
大きさ 体長1.7メートル程度
分布 本州中部以南、インド-太平洋、大西洋の熱帯域ほか
措置 販売等禁止
その他 ・別名 毒カマス、沖カマス
・産卵期には、比較的大きな群れをつくるため、複数がまとまって入荷する可能性もある。

イシナギ(スズキ科) Stereolepis doederleini

イシナギ

イシナギ(肝臓)

毒成分 肝臓に含まれる多量のビタミンA
特徴 ・若魚には黒褐色の体に5本の白色縦線があり、成長に伴って薄れる。
・えら蓋下部に棘がない。
・尾びれの縁は直線状である。
大きさ 体長2メートル程度
分布 北海道から屋久島の沿岸部ほか
措置 肝臓を除去して販売
その他 ・産卵期の初夏には、大型も浅い海域に現れ漁獲される。
・小型は活魚での入荷も多い。

※参考

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。自然毒のリスクプロファイル:魚類:ビタミンA|厚生労働省

バラムツ(クロタチカマス科)

バラムツ

毒成分 ワックスエステル
特徴 ・鱗に「おろしがね」のような骨性の刺状物があり、逆なですると痛い。
・第2背びれとしりびれ後方には離鰭(りき)がある。
大きさ 体長1.5メートル程度(3メートルに達するものもある)
分布 世界中の温帯~熱帯域、日本では北海道及び福島県から高知県までの太平洋沖ほか
措置 販売等禁止
その他 イワシ定置網で混獲された魚の入荷事例がある。

アブラソコムツ(クロタチカマス科)

アブラソコムツ

毒成分 ワックスエステル
特徴 ・体側を走る側線が著しく波状に曲がっている。
・肌は滑らかで、大きな鱗のまわりを小さい円形の鱗(有孔管状鱗)が取り巻いており、全体として網状の模様をなしている。
・第2背びれ及びしりびれ後方には4から6個の離鰭(りき)がある。
・尾柄(びへい)側面には大きな隆起線がある。
大きさ 体長1.5メートル程度
分布 世界中の温帯~熱帯域、日本では本州中部以南太平洋沿岸ほか
措置 販売等禁止
その他 ・世界中に分布し、マグロの延縄等で混獲される。
・冷凍魚(ドレス)として、「メダイ」の名称で輸入された事例がある。

有毒成分を含むため、販売を自粛するよう厚生労働省から通知が出ている魚種

アオブダイ(ブダイ科)

アオブダイ

毒成分 パリトキシン様毒
特徴 ・体色は青みが強い。
・歯は完全に癒合して、鳥のくしばし状である。
・頭部は大きく、大型ではコブがある。
・ヒレの縁が青い。
大きさ 成魚は体長70センチメートル程度
分布 東京都以南、沖縄県までの太平洋沿岸ほか
措置 販売自粛するよう指導
その他 ・有毒成分は、肝臓の他、筋肉にも存在すると考えられる。毒性は強く、喫食により死亡例が7件ある。
・大型(5キログラム以上)の発見事例が多い。大型は中毒の恐れがあると敬遠され、地元で値がつかず出荷されるとの話もある。

ホシゴマシズ、ゴマシズ(マナガツオ科)

毒成分 油脂
特徴 ・体側に小黒斑があるのが特徴。ホシゴマシズの斑点は、瞳と同じ大きさで、ゴマシズでは、それより小さい。
・腹鰭の有無でイボダイと区別できる。
大きさ ホシゴマシズは体長25センチメートル程度
ゴマシズは体長40センチメートル程度
分布 ホシゴマシズは南米の太平洋岸
ゴマシズは南米の大西洋岸(ブラジルからアルゼンチンにかけて)
措置 販売自粛するよう指導
その他 冷凍魚として輸入され、国内ではそれを原料に開き等が作られることがある。

参考文献

・中坊徹次編:日本産魚類検索 全種の同定 第三版(2013年)
・多紀保彦、河野博、坂本一男、細谷和海監修:新訂 原色魚類大図鑑(2005年)
・奥谷喬司編著:日本近海産貝類図鑑(2000年)
・野口玉雄/阿部宗明/橋本周久:―食品衛生に関係する―有毒魚介類携帯図鑑(1997年)

お問い合わせ

このページの担当は 市場衛生検査所 管理課 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。