このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

有毒魚

 魚介類の中には有害な物質を含有し、食べると健康被害をもたらすものがいます。
 当所では、有毒な魚介類を市場外に出さないように、毎朝、食品衛生監視員が市場内の卸売場や仲卸店舗を監視しています。
 有毒魚には、1 厚生労働省通知により措置が定められた魚介類、2 東京都通知により措置が定められた魚介類、3 東京都市場衛生検査所長通知による指導対象の魚介類があります。

各有毒成分の説明はこちら

1 厚生労働省通知により措置が定められた魚介類

魚種名 措置 毒成分
オニカマス(カマス科) 販売等の禁止
(食品衛生法第6条第2号違反)
シガテラ毒
イシナギ(スズキ科)
※学名 Stereolepis doederleini
肝臓の販売等の禁止
肝臓を除去して販売するよう指導
(食品衛生法第6条第2号違反)
肝臓に含まれる多量のビタミンA
バラムツ(クロタチカマス科) 販売等の禁止
(食品衛生法第6条第2号違反)
ワックスエステル
アブラソコムツ(クロタチカマス科) 販売等の禁止
(食品衛生法第6条第2号違反)
ワックスエステル
アオブダイ(ブダイ科) 販売自粛を指導 パリトキシン様毒
ホシゴマシズ・ゴマシズ(マナガツオ科) 販売自粛を指導 油脂

※参考

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。自然毒のリスクプロファイル:魚類:ビタミンA|厚生労働省

2 東京都通知により措置が定められた魚介類(1 厚生労働省通知により措置が定められた魚介類を除く)

魚種名 措置 毒成分
ナガヅカ(タウエガジ科) 卵巣は食用にしないよう指導
卵巣を除去して販売するよう指導
卵巣のリン脂質(ディノグネリン)
ヒメエゾボラ、チヂミエゾボラガイ等
【通称「ツブ」】(エゾバイ科)
唾液腺を除去して喫食するよう指導 唾液腺に含まれるテトラミン
バラハタ(ハタ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒
オジロバラハタ(ハタ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒
マダラハタ(ハタ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒
アカマダラハタ(ハタ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒
バラフエダイ(フエダイ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒
イッテンフエダイ(フエダイ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒
ヒメフエダイ(フエダイ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒
イトヒキフエダイ(フエダイ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒
キツネフエフキ(フエフキダイ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒
ドクウツボ(ウツボ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒
ソウシハギ(カワハギ科) 販売自粛を指導 肝臓等の内臓・消化管に含まれるパリトキシン
オオメマトウダイ(オオメマトウダイ科) 加工用(魚肉ねり製品、乾燥、塩漬等)として販売するよう指導 ワックスエステル
ボウシュウボラ(フジツガイ科) 中腸線を含む内臓を除去して販売するよう指導 中腸線に含まれるテトロドトキシン

3 東京都市場衛生検査所長通知に基づく指導対象魚介類(2 東京都通知により措置が定められた魚介類を除く)

魚種名 措置 毒成分
ムネアカクチビ(フエフキダイ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒
カスミアジ(アジ科)
(体長30センチメートル以上のもの)
販売自粛を指導 シガテラ毒
ギンガメアジ(アジ科)
(体長30センチメートル以上のもの)
販売自粛を指導 シガテラ毒
サザナミハギ(ニザダイ科) 販売自粛を指導 シガテラ毒

お問い合わせ

このページの担当は 市場衛生検査所 管理課 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。