このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

職域向け講演会

「今こそ、ラインケアを。~ウィズコロナ時代に管理者に問われるものとは」を開催します。

職域向け講演会

新型コロナウイルス感染症は都民生活に大きな影響を及ぼしており、企業においても、在宅勤務や時差出勤といった新たな働き方が求められています。
一方で、生活の変化によるストレスや、先が見通せない不安から、働く人のメンタルヘルスへの影響が懸念されており、従業員の顔が見えにくい環境で適切な対応をとるためには、管理者が組織としてラインケアに取り組むことが重要です。
そこで、この度、企業を取り巻く現状と課題を踏まえ、企業の管理職や人事労務担当者の方を対象に、従業員のメンタルケア及び自殺対策に関する講演会をオンライン開催します。ぜひご参加ください。

日時

  • 第1回 令和2年11月25日(水曜日)午後2時から午後4時30分まで
  • 第2回 令和2年12月17日(木曜日)午後2時から午後4時30分まで

※各回のテーマは共通です。

対象

都内に事業所が所在する企業の管理職、人事労務担当者、健康管理者の方等

プログラム(予定)

  1. テレワークの特徴
  2. メンタルヘルス問題及び自殺の動向
  3. グループディスカッション(参加企業の課題や対策の共有)
  4. ウィズコロナ時代におけるラインケアのあり方~「自律」と「主体」の再定義
  5. 質疑応答

講師|松本 桂樹 氏(株式会社ジャパンEAPシステムズ代表取締役社長)

松本 桂樹 氏

神奈川大学人間科学部 特任教授|お茶の水女子大学 非常勤講師|臨床心理士|精神保健福祉士|キャリアコンサルティング技能士(1級・2級)|シニア産業カウンセラー
東京学芸大学大学院教育学研究科心理臨床講座修了。都内精神科クリニックの常勤の心理職として勤務した後、日本初のEAP専門会社・株式会社ジャパンEAPシステムズへ転籍し、現在は代表取締役社長。現在もEAPコンサルタントとして、特に人事労務担当者及び管理職からの相談を数多く受けている。専門はマネジメント・コンサルテーション。メンタルヘルス不調の一次予防や若年層の職場適応を促進する方法として、ナラティブ・アプローチの活用を提唱している。

開催・申込方法

オンライン会議ツール『ZOOM』で開催します。以下のURLからお申し込みください。

受講者特典「個別フォローアップ」

講演会を受講した企業には、ご希望に応じて、精神科医、臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラー等、職場のメンタルヘルスや自殺対策を専門とするアドバイザーが、自社でメンタルヘルス・自殺対策を取り組む上でのサポートを行います。

関連事業

東京都産業労働局では、 関係団体等と協力して、9月1日~11月30日に「職場のメンタルヘルス対策推進キャンペーン」を実施し、働くすべての方に向けた積極的なメンタルヘルス対策への取組を促進します。
キャンペーン期間中には、都がポジティブメンタルヘルスシンポジウム&相談会を11月19日(木)にオンライン開催するほか、各協力団体においても職場のメンタルヘルス対策に関するセミナーが多数開催されます。詳細はホームページをご覧ください。

令和元年度講演会の内容を基に、事例集を作成しました。

本事業を通じて把握した各企業が抱える課題に対し、産業カウンセラーから回答する形式で、実践的な対応事例をとりまとめています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 健康推進課 自殺総合対策担当(03-5320-4310) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。