このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 救急・災害医療 の中の 東京都が主催する大規模イベントにおける医療・救護計画ガイドライン のページです。

本文ここから

東京都が主催する大規模イベントにおける医療・救護計画ガイドライン

 多くの人を集客する様々な大規模イベントの主催者は、実施する季節や規模にかかわらず、万が一、傷病者が発生した場合や災害が発生した場合などに備え、関係者全員が共通認識の下で円滑に傷病者の医療・救護活動に当たれるよう、事前に医療・救護に関する計画やマニュアル等を策定する必要があります。
 本ガイドライン(「東京都が主催する大規模イベントにおける医療・救護計画ガイドライン」(平成21年4月 福祉保健局))は、都が、単独又は他の団体等と共同で主催するなど、開催に深く関与し、多くの参加者(観客を含む。)が見込まれる大規模なイベントを開催するに当たっての、医療・救護計画を策定するための指針として策定しています。
 今般、ラグビーワールドカップ2019TMや東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を見据えるとともに、多くの関係者による連携の重要性を念頭に置きながら、災害別(原因別)の事象等を加えるなどの改定を行いました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 救急災害医療課 災害医療担当(03-5320-4445) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。