このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 国民健康保険 の中の 東京都ヘルスアップ の中の 東京都国保ヘルスアップ支援事業(令和3年度) のページです。

本文ここから

東京都国保ヘルスアップ支援事業(令和3年度)

データヘルス計画支援事業

第2期データヘルス計画の実施及び第3期データヘルス計画策定に向けて、PDCAサイクルを踏まえた保健事業が実施できるよう、令和2年度に引き続き有識者と連携し区市町村に対して支援を行いました。
(研修会2回、計画策定区市町村23区市町村支援)
なお、本事業等を通じて、以下の取組事例を把握しました。

重複・多剤服薬管理指導事業

重複多剤服薬管理指

都内の国民健康保険被保険者の健康保持・増進及び医療費適正化を推進することを目的に、東京都薬剤師会と連携して、区市町村が実施する重複多剤服薬者に対する服薬管理指導の支援を実施しました。(令和3年度モデル地区:大田区、中野区、荒川区、八王子市)

医薬品適正使用意識啓発

東京都薬剤師会の会員薬局において、残薬バッグ(※)を国民健康保険被保険者のうち55歳以上の方(薬剤師が残薬があると判断した者)に配布し服薬に関する指導助言を行いました。また、リーフレットを、国民健康保険被保険者のうち40歳以上の方(薬剤師が残薬があると判断した者)に配布し、普及啓発しました。

※患者が自宅の薬をひとまとめにして薬局等に持参し、薬剤管理を行う取組です。1990年代にアメリカで茶色の袋が使われていたことから「ブラウンバッグ」とも呼ばれています。なお、都の事業とは別に、「残薬バッグ」の取組を実施している自治体もあります。

実施結果

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 国民健康保険課 医療費適正化担当(03-5320-4164) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。