このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 感染症対策 の中の 新型コロナウイルス感染症について のページです。

本文ここから

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

<感染の仕方>
一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。

飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、特に1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、2.密集場所(多くの人が密集している)、3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)という3つの条件が同時に重なる場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。

 
<一般的な症状と重症化するリスク>
発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多くなっています。

罹患しても約8割は軽症で経過し、治癒する例も多いことが報告されています。一方、重症度は、季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高いことが報告されています。特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高いことも報告されています。

皆様へのお願い

  • 皆様におかれましては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。基本的な感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
  • 風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いします。
  • 集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。
  • 新型コロナ受診相談窓口 (帰国者・接触者電話相談センター)(下記を御参照)では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。
  • イベント開催に関する御協力のお願いについてはこちら

新型コロナウイルス感染症に係る電話相談窓口について

新型コロナ受診相談窓口 (帰国者・接触者電話相談センター)

・新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談はこちら

新型コロナウイルス感染症に関する一般相談窓口(新型コロナコールセンター)

 (電話番号)0570-550571
電話番号のお掛け間違いにより、ご迷惑をお掛けするケースが発生しています。
頭の0(ゼロ)を忘れないよう、ご注意ください。
お問い合わせの際は電話番号を再度お確かめのうえ、お掛けくださいますようお願い申し上げます。

 (対応言語)日本語、英語、中国語、韓国語
 (対応時間)9時から22時まで(土、日、休日を含む)
 (対応内容)感染の予防に関することや、心配な症状が出た時の対応など、
       新型コロナウイルス感染症に関する相談
  ※新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談は、最寄りの保健所でも対応しています。
  ※聴覚に障害のある方等、電話での相談が難しい方向けの相談はこちら

新型コロナウイルス感染症に関する情報

新型コロナウイルス感染症の患者発生状況に対し、ご質問の多い点についてお答えします。

Q1 毎日、発表されている患者数はどのように決まっているのですか。

・都では、都内の感染状況を一元的に公表するため、都保健所管内の発生だけでなく、保健所設置市
 (町田市、八王子市)・23区管内における発生の報告も受け、これらを集約しています。

・患者の診断から都への報告までは以下のとおりとなっています。
(1)医療機関又は保健所で検体を採取、(2)検査機関で検査、(3)結果判明、
(4)医療機関が感染症法に基づく発生届を作成し、医療機関所在地の管轄保健所に送付
 (保健所が検体を採取した場合は、保健所が発生届を作成)、
(5)保健所から発生を都に報告(発生届の送付)

・都では、発生届を保健所から受理し、新規患者数として発表しています。この発生届は、毎朝9時
 の段階で、前日の9時からの24時間を取りまとめて、当日分としています。

・陽性の診断を受けても、保健所から発生届が提出されなければ、患者数としてカウントされません。

・毎日15時には速報として、当日の発生状況を東京都ホームページのトップページ(福祉保健局ホー
 ムページのトップページへリンク)に掲載しています。

Q2 区市町村別の新規患者数はどのように集計されているのでしょうか。

・都では、毎日、新規患者数の発表にあわせて、「区市町村別患者数」(前日までの累計値)を発表
 しています。これは、患者数を居住地別に整理したものです。

・医療機関は、患者情報等が記載された発生届を医療機関所在地の管轄保健所に送付し、それを受け
 た各保健所が、都に発生を報告します。

・一方、必ずしも居住地の医療機関を受診する方ばかりではないため、保健所からの届出数と居住地
 別届出数が異なる数値になることがあります。(例えば、A区在住の方が、B区の医療機関を受診して
 陽性が判明した場合、都は、B区を管轄する保健所から発生の報告を受けます。一方で、「区市町村
 別患者数」については、B区ではなく、A区として計上されます。)

Q3 曜日ごとに新規感染者数が変動するのはなぜですか。

・通常、検査を実施した日から都に発生届が提出されるまで2~3日要します。
  患者の診断から届出までは以下のとおりとなっています。
(1)医療機関又は保健所で検体を採取、(2)検査機関で検査、(3)結果判明、
(4)医療機関が感染症法に基づく発生届を作成し、医療機関所在地の管轄保健所に送付(保健所が
 検体を採取した場合は、保健所が発生届を作成)、 (5)保健所から発生を都に報告(発生届の送付)

・医療機関は、土曜日・日曜日がお休みのことが多く、週末は自宅で様子を見て、週明けに医療機関
 を受診し検査を受ける、というケースも少なくありません。

・こうしたことから、週の前半は、発生届が少なくなる傾向にあります。

Q4 患者報告の集計は、どのように行っているのでしょうか。

・都では、令和2年8月3日より、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム「HER-SYS」
 を30保健所において導入し、患者情報の管理を行っています。

・HER-SYSは、新型コロナウイルス感染者等の情報を保健所、医療機関、検査機関、患者等が電子的に
 入力、一元的に管理し、医療機関・保健所・都道府県等の関係者間で共有する国のシステムで、インター
 ネットを経由して情報をクラウド上に蓄積するものです。準備が整った地域から、利用が開始されるこ
 とになっています。
  一方で、HER-SYSについては、システムのセキュリティ情報の詳細が示されていないことやデータの
 入力項目が多いことなど課題があり、現在、国に対して改善を要求しているところです。

・都では現在、保健所において、医療機関から提出された患者発生の情報をHER-SYSに入力し発生情報
 の管理を行っています。

・現在は、運用開始の初期段階であり、HER-SYSでの情報管理と発生届での報告を併用し、運用して
 います。

・なお、保健所から都に対してFAXで発生届が送付されますが、都においては、自動的にデータで保存さ
 れています。

Q5 「入院・療養等調整中」等の患者数の振り分けはどのように行っているのですか。

・患者数については、以下の手順で振り分けています。
(1)当日の全ての新規発生患者を「入院・療養等調整中」に振り分ける
(2)翌日以降、保健所から対応が決まったとの報告があり次第、「入院・療養等調整中」から
 「入院中」や「宿泊療養」等に振り分ける

・当日の全ての新規発生患者以外で、翌日以降も「入院・療養等調整中」に計上されている方は、
 以下の項目に該当する方となります。
 〇入院、宿泊療養、自宅療養などいずれの対応とするか保健所が調整している患者
 〇入院などの実質的な対応は完了しているが、都への報告までのタイムラグがあり、報告が
  完了していない患者
 〇公表時点で保健所と連絡が取れていない患者
 〇届出保健所(医療機関から発生届が提出された保健所)と居住地保健所(患者の居住地が
  ある保健所)が異なり、所管転送手続き等が必要になっている患者

・なお、「入院・療養等調整中」に計上される方の全てが病院や宿泊療養施設の待機者ではありません。

Q6 自宅療養者が増えているのはなぜですか。

・都では、8月17日現在、8ホテル、約3,000室の宿泊療養の部屋を確保しており、宿泊療養を希望する方に
 対応できる部屋数を十分確保しております。
 (ただし、運用にあたっては、患者の退所後、一定期間、換気や消毒で使用できない期間があることや、
 フロアー単位で運用するため、確保した部屋数すべてを常時使用できるわけではありません。)

・宿泊療養については、原則、軽症の人など入院の必要の無い人に対して、お願いしていますが、
 介護や育児など個人の事情で宿泊療養できない方もいます。また、最近では、発症してから療養が
 解除されるまでの期間が短いため、宿泊療養を望まないという方もいます。

・なお、厚生労働省は自宅療養については、「独居で自立生活が可能である者」などを対象者として
 おります。

Q7 重症者とはどのような方々ですか。

・都では、医療現場の実態を踏まえ、重症病床を戦略的に把握して運用するため、専門家の意見も取り入れ
 ながら、令和2年4月27日より、以下のいずれかに該当する患者を重症者としています。
 (1)人工呼吸器管理をしている
 (2)ECMO(対外式膜型人工肺)を使用している

・なお、ICUに関する基準を用いていない理由は、以下のとおりです。
 〇ICU在室者の全てが、必ずしも重症ではない
 〇人工呼吸管理下の重症患者が必ずしも、ICUに入室していない
 〇集中治療の基準が病院によって異なる可能性がある

・このことから、都では、人工呼吸器やECMOの導入は、現場における判断の差が出にくく明確な基準である
 ため、モニタリング指標として戦略的に活用しています。

・なお、厚生労働省は、令和2年3月19日付「新型コロナウイルス感染症の患者数が大幅に増えたときに
 備えた入院医療提供体制等の整備について」において、重症者とは集中治療室(ICU)等での管理又は
 人工呼吸器管理が必要な患者としています。

新型コロナウイルス感染症についての情報

・新型コロナウイルス感染症に関する情報(東京都感染症情報センター)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。・新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。・新型コロナウイルス感染症に関する都民の皆様へのお願い(東京都総務局人権部)

参考

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染症対策サイト

・東京都感染症情報センター

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 感染症対策部 防疫・情報管理課 情報管理担当(03-5320-4482) です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

感染症対策

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。