このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

サル痘について

東京都のサル痘に対する検査・入院体制

 東京都は、都内保健所、医療機関と連携しながら、迅速な検査・入院治療体制を整えています。
 東京都健康安全研究センターでは、搬入された検体のPCR検査を実施します。
 患者等や接触者の発症時の受け入れについては、当面の間、特定感染症指定医療機関及び第一種感染症指定医療機関において、優先的に検討します。

東京都サル痘連絡会議

令和4年7月26日開催

サル痘とは

  • サル痘は、サル痘ウイルスによる感染症で、これまで中央アフリカから西アフリカにかけて流行していました。2022年5月以降、欧州や米国等で市中感染の拡大が確認されており、WHOは「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を7月23日に宣言しています。日本では感染症法上の四類感染症に指定されています。
  • サル痘の潜伏期間は6~13日(最大5~21日)とされており、潜伏期間の後、発熱、頭痛、リンパ節腫脹、筋肉痛などの症状が0~5日続き、発熱1~3日後に発疹が出現、発症から2~4週間で治癒するとされています。
  • 海外のサル痘の流行地では、げっ歯類やサル・ウサギなどの動物との接触や、感染が疑われる人の飛沫・体液等を避ける、手指衛生を行うなど、感染予防対策を心がけ、感染が疑われる場合には、直ちに医師の診察を受けてください。

サル痘はどのような病気ですか?

  • サル痘はウイルスによって感染する病気です。
  • 一般的には発熱や発疹(ほっしん)、リンパ節の腫れ等の症状がみられますが、多くの場合、数週間で自然に治ります。

どのような症状に注意すればよいですか?

  • 体の部位に関係無く、発疹や水ぶくれなどがないかどうか注意してください。
  • その他、発熱、頭痛などの症状が見られる場合があります。
  • 水ぼうそうなどの他の発疹を生じる病気との区別が難しいことがあります。

サル痘はどのように感染するのですか?

  • 主に感染した人や動物の皮膚の病変・体液、血液に触れた場合(性的接触を含む。)、患者と近くで対面し、長時間の飛まつにさらされた場合、患者が使用した寝具等に触れた場合等により感染します。

サル痘を疑う症状があった場合はどうすればよいですか?

  • サル痘を疑う症状が見られた場合、最寄りの医療機関に相談してください。
  • 受診の際は、自家用車など他人との接触をなるべく避けられる交通手段を用いるか、やむを得ず公共交通機関を利用する場合は、マスクの着用や発疹部位をガーゼなどでおおう等の対策をしてください。また、比較的空いている時間帯やスペースを選ぶなど、他人との接触を避けるよう行動しましょう。

関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省(サル痘について)

※通知・リーフレット等は厚生労働省ホームページに掲載されています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国立感染症研究所(サル痘患者とサル痘疑い例への感染予防策)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都健康安全研究センター(サル痘の世界的流行について)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 福祉保健局感染症対策部防疫・情報管理課 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

感染症対策

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。