このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 感染症対策 の中の 遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診 のページです。

本文ここから

遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診

~新型コロナウイルス対策が気になる保護者の方へ~

 予防接種や乳幼児健診は、お子さまの健やかな成長のために一番必要な時期に受けていただくよう、市区町村からお知らせしています。
 特に赤ちゃんの予防接種を遅らせると、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になる危険性が高まります。
 お子さまの健康が気になるときだからこそ、予防接種と乳幼児健診は、遅らせずに、予定どおり受けましょう。

なぜ、予防接種や乳幼児健診を遅らせない方がよいの?

 予防接種のタイミングは、感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められています。
 特に、生後2か月から予防接種を受け始めることは、お母さんからもらった免疫が減っていくときに、赤ちゃんがかかりやすい感染症(百日せき、細菌性髄膜炎など)から赤ちゃんを守るために、とても大切です。
 乳幼児健診は、子どもの健康状態を定期的に確認し、相談する大切な機会です。適切な時期にきちんと乳幼児健診を受け、育児で分からないことがあれば、遠慮せずに医師、保健師、助産師などに相談しましょう。

よくある質問

予防接種や乳幼児健診に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫?

 医療機関や健診会場では接種を行う時間や場所に配慮し、換気や消毒を行うなど、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に努めています。
 予防接種はできるだけ事前に予約しましょう。一般の受診患者と別の時間や場所で受けられる医療機関もあります。
 受診の前には、体温を測定するなど、体調に問題がないことを確認してください(※)。
 家に帰ったら、赤ちゃん、保護者とも、手洗いなどの感染対策をしっかりしましょう。また、予防接種を受けた日もお風呂に入れます。

※ 体調が悪いときは、感染症を周りの人に感染させるおそれがあるので、予防接種や健診に行くのはやめましょう。元気になったら、あらためて予定を立ててください。

新型コロナの流行で予防接種を受けそびれました。どうすればいい?

 受けそびれてしまった場合は、できるだけ早く受けましょう。
 新型コロナウイルス感染症の流行後に、外出自粛要請などの影響で、規定の期間内に予防接種を受けられなかった方でも、公費接種を受けられる場合があります。まずはお住まいの市区町村にお問い合わせください。
 子どもの予防接種は、決して「不要不急」ではありません。まだ接種期間内の方は、お早めに接種をおすませください。 

予防接種・乳幼児健診のスケジュール

予防接種のスケジュール

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。予防接種スケジュール(国立感染症研究所)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール

乳幼児健診のスケジュール

 お住まいの市区町村がご案内しています。

※ 乳幼児健診については、感染の状況等を踏まえ実施方法等を変更している場合があり ますので、お住まいの市区町村の子育て世代包括支援センターや母子保健窓口にお問い合わせください。

関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページリンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。小さなお子さまがいらっしゃるみなさまに向けた、各分野の専門家からのメッセージ(厚生労働省)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 感染症対策部 防疫・情報管理課 防疫担当(03-5320-4482) です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

感染症対策

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。