このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

検査の種類

新型コロナウイルス感染症の検査には、大きく分けて、「行政検査」、「自治体等の独自検査」及び「自費検査」の3種類があります。

それぞれの検査は、以下のとおり、目的に応じて、実施されています。

検査 目的・内容 対象

検査を行っている
施設等

行政検査

発熱の症状があるなど、感染の疑いがある方等に、保健所や、医療機関の医師が、必要と判断して行う検査(感染症法に基づく検査)

新型コロナウイルス感染症の疑いがある方
(1)新型コロナウイルス感染症の患者
(2)当該感染症の無症状病原体保有者
(3)当該感染症の疑似症患者
(4)当該感染症にかかっていると疑うに足りる正当な理由のある方

〇保健所
〇区市町村のPCRセンター
〇病院、診療所(新型コロナ外来、診療・検査医療機関等)
〇東京都健康安全研究センター

自治体等の独自検査

無症状の方に対し、クラスターが発生しやすい集団・施設等での発生予防や、感染拡大の予兆の早期探知のために行う検査

<都が実施している検査>
・高齢者施設、医療機関等の従事者への集中的・定期的検査
・戦略的検査強化事業
駅前、繁華街、大学等(「特定の検査対象」以外の方の流入や風評被害を避ける等のため非公表)でのモニタリング検査

当該集団に属する方や、
施設等の従事者 等

〇高齢者施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、養護老人ホーム等)
〇障害者施設等(障害者支援施設、障害児入所施設、共同生活援助(グループホーム)、救護施設)
〇病院(療養病床を有する病院、精神科病院)
〇駅前、繁華街、大学、その他事業所 
など

自費検査

社会経済活動の中で個人等の希望により、自費で行う検査
※自費検査に関する詳細はこちら

自己負担による検査を
希望する方

〇民間の自費検査事業者
〇病院、診療所(自由診療)

お問い合わせ

このページの担当は 東京都福祉保健局感染症対策部事業推進課(電話03-5320-4320) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。