このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

薬局で抗原簡易キットを購入する方へ

1 はじめに

 体調が悪いことを自覚した場合は、出勤や通学を行わず、医療機関を受診してください。
 体調が気になる場合等にセルフチェックとして抗原簡易キットを使用し、陽性の場合は、速やかに医療機関を受診してください。
 陰性の場合でも、偽陰性(過って陰性と判定されること)の可能性も考慮し、症状がある場合には医療機関を受診してください。症状がない場合であっても、引き続き、外出時のマスク着用、手指消毒等の基本的な感染対策を続けてください。

 ※ 無症状者への使用は推奨されていません。
 ※ 症状がない時に使用した場合、結果が正しく出ない可能性があります。

 新型コロナウイルスの抗原検査キットは「体外診断用医薬品」を選んでください。
 国が承認した医療用の抗原検査キットは、【体外診断用医薬品】と表示されています。
 購入を希望する際は、取扱い薬局の薬剤師に相談してください。

抗原検査キットは対外診断用医薬品を選んでください

2 使用に当たって

(1) あらかじめ検査に関する注意点、使い方等を勉強してから検査を実施してください。

(参考)検査に関する注意点、使い方等
 以下に添付している厚生労働省が示した「一般的な検査手順と留意点」に加えて、厚生労働省が以下のホームページで公開するWEB教材を参考にするとともに、各製品の添付文書における使用方法や使用するキットを製造するメーカーの提供するパンフレットや動画資料を必ず確認・理解した上で、検査を実施してください。
 <一般的な検査手順と留意点等>

※上記ファイルの5ページを御覧ください。

 <厚生労働省関連HP>
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00270.html

(2) 鼻腔ぬぐい液を、自分で採取して検査を行います。

3 検査後の対応

(1) 陽性の場合
  速やかに医療機関を受診してください(以下の4も御参照ください。)。

(2) 陰性の場合
  疑陰性(誤って陰性と判定されること。)の可能性も考慮し、症状がある場合には、医療機関を
 受診してください(以下の4も御参照ください。)。
  症状がない場合であっても、引き続き、外出時のマスク着用、手指消毒等の基本的な感染対策を
 続けてください。

4 医療機関を受診する場合の相談方法

 かかりつけ医がいる場合は、かかりつけ医に電話で御相談ください。

 かかりつけ医がいない場合は、東京都発熱相談センター(03-5320-4592)で御相談に応じています。

 また、以下のリンク先に掲載している「診療・検査医療機関の一覧リスト」により、御自身で医療機関を探して、受診することも可能です。

 診療・検査医療機関の一覧

5 抗原簡易キットの保管等

(1) 保管方法
  常温(冷蔵保存の場合は、使用前に室温に戻してから使用)
(2) 廃棄方法
  御家庭等で使用したキット(綿棒、チューブ等を含む)を廃棄するときは、ごみ袋に入れて、しっかり
 しばって封をする、ごみが袋の外面に触れた場合や袋が破れている場合は二重にごみ袋に入れる等、
 散乱しないように気を付けてください。

参考:新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのご家庭でのマスク等の捨て方(リーフレット)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 感染症対策部 事業推進課 検査体制担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。