このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

3回目接種における交互接種について

  • 1・2回目接種と異なるワクチンを用いて、3回目接種することを「交互接種」といいます。
  • 3回目接種に使用するワクチンは、1・2回目接種に用いたワクチンの種類に限らず、mRNAワクチン(ファイザー社または武田/モデルナ社のワクチン)を用いることが適当であるとされています。
  • 日本では現在、いずれのワクチンも薬事承認されており、12歳以上の方を対象に、順次3回目接種が進められています。
  • 1・2回目接種において、ファイザー社、武田/モデルナ社、またはアストラゼネカ社のワクチンを受けた場合、3回目接種では、1・2回目接種時に用いたワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社または武田/モデルナ社のワクチンのいずれかを使用することが可能です。
  • ただし、12歳~17歳の方の3回目接種はファイザー社ワクチンを使用します。

交互接種の効果と安全性

交互接種した場合でも十分な効果と安全性が確認されています。

  • 日本では現在、3回目接種に関して、ファイザー社又は武田/モデルナ社のワクチンが薬事承認されていますが、1・2回目接種時に用いたワクチンの種類にかかわらず、どちらのワクチンでも十分な効果と安全性が確認されています。
  • 1・2回目接種でファイザー社ワクチンを受けた人が、3回目でファイザー社ワクチンを受けた場合と、武田/モデルナ社ワクチン(※)を受けた場合のいずれにおいても、抗体価が十分上昇することが報告されています。

 (※)武田/ モデルナ社ワクチンは、3回目は50 マイクログラム接種することになっていますが、
    100 マイクログラム接種した結果が報告されています。

交互接種の効果と副反応(国内での調査報告)

令和4年3月18日に行われた国の検討部会等において、1・2回目ファイザー社ワクチンを接種し、3回目接種で、武田/モデルナ社ワクチンを接種した方の「接種後の健康状況調査」の中間報告がされています。概要は以下のとおりです。

研究参加施設

国立病院機構に属する7施設、地域医療機能推進機構に属する7施設

研究参加施設

1・2回目ともファイザー社ワクチンを接種した上記施設の医療従事者のうち、調査への協力に同意した方                                                                                                                             

調査報告の概要

抗体価

  • 1・2回目接種でファイザー社ワクチンを受けた人が、3回目でファイザー社ワクチンを受けた場合と、武田/モデルナ社ワクチンを受けた場合を比較すると、武田/モデルナ社ワクチンを受けた場合の方が、抗体価が高かった。

    (1・2回目)ファイザー社 (3回目)武田/モデルナ社   ⇒ 抗体価は64.8倍
    (1・2回目)ファイザー社 (3回目)ファイザー社     ⇒ 抗体価は51.2倍
                                                                                                                       
     ⇒抗体価はどちらの場合でも上昇した。

  • 抗体価の倍率は、3回目の接種から28日後の抗体の値が、接種の直前に比べてどれくらい上昇したかを示したものである。

副反応

  • 発熱、頭痛などの副反応は、ファイザー社ワクチンの3回目接種に比べて、武田/モデルナ社ワクチンの3回目接種は頻度が高かった。
  • 発熱は、接種1日後の発現頻度が最も高く、接種3日後にはほぼ消失していた。                                            高齢者の方が、発熱の発現頻度は低かった。
  • 両ワクチンとも腋窩痛、リンパ節症(リンパ節腫脹)、リンパ節痛の頻度は2回目接種後に比べて、3回目接種の方が高かった。
  • 3回目接種後の副反応は、いずれのワクチンも2回目と同様の症状が見られる。

                                                                                                                            中間報告の詳細は、厚生労働省ホームページをご確認ください。
注)コミナティ筋注⇒ファイザー社ワクチン
  スパイクバックス筋注⇒武田/モデルナ社ワクチン を表します。

両方のワクチンとも、十分な効果と安全性が確認されています。
ご自身のためにも、早く接種できるワクチンから接種いただくことをお勧めします。
10代・20代の男性の方はこちらもご確認ください。(ワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について)

お問い合わせ

このページの担当は 防疫・情報管理課 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

東京都新型コロナウイルスワクチン接種ポータルサイト

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。