このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 感染症対策 の中の 東京都新型コロナウイルスワクチン接種ポータルサイト のページです。

本文ここから

東京都新型コロナウイルスワクチン接種ポータルサイト


  • ワクチンを接種したい
  • ワクチンについて知りたい
  • 接種実績を知りたい
  • その他の取組を知りたい

  • 16歳から39歳の若者の皆様へ
  • 妊娠中の方へ
  • 12歳から15歳の小中学生の保護者の方へ
  • 外国語のページ

■ 都が設置する大規模接種会場については、東京都ワクチン接種会場コールセンター(0570-034-899)にお問い合わせください(受付時間等はこちら)。 
■ 大規模接種会場の情報は、公式Twitter(@tocho_vaccine)でも発信しています。

新着情報

・9月17日 週末に台風の接近が予想されますが、9月18日(土)・19日(日)は各会場通常どおり運営します。
・9月15日 東京都若者ワクチン接種センターのご案内を更新しました。
・9月15日 医療機関向けの新型コロナウイルスワクチン接種促進支援事業の延長が決定しました。
・9月14日 各区市町村へのワクチン配分数に関する資料を更新しました。

                 

新型コロナワクチン関連動画

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

「ワクチン接種」篇CM (4月8日)
※政府インターネットテレビのサイトに移動します。
※接種の効果・副反応等についてお伝えしています。


小池都知事からのメッセージ(有効性について)

※ツイッターで発信している東京都知事からの動画メッセージです。

※下記のトピックもあわせてご覧ください。
・効果について
・副反応について
・アナフィラキシーについて
・ワクチン接種の必要性
・変異株へのワクチンの効果について
・なぜ短い期間で開発できたのか
・ワクチンが必要な理由

区市町村への支援(都有財産の活用)

東京都では、新型コロナウイルスワクチン接種を迅速かつ円滑に実施するため、実施主体である区市町村への支援を行っています。その取組の一環として、令和3年3月18日から、区市町村がワクチン接種にかかる接種会場等に都有財産を活用する際は、使用料を免除又は貸付料を無償としています。

詳細は下記PDFをご覧ください。

活用状況一覧(令和3年5月28日時点)(PDF:259KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

感染症対策

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。