このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 感染症対策 の中の 東京都新型コロナウイルスワクチン接種ポータルサイト の中の 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について(都民の皆様へ) のページです。

本文ここから

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について(都民の皆様へ)

・新型コロナワクチンに関する基本情報
・新型コロナワクチンの安全性・有効性 
・接種手続きについては、お住まいの区市町村窓口にお問い合わせください。区市町村の情報ページはこちら

今回新たに承認された新型コロナワクチンは2回の接種によって、95%の有効性で、発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を防ぐ効果が認められています。(※インフルエンザワクチンの有効性は約40~60%)

新型コロナウイルスは、まだまだ未知のことがあります。このウイルスの感染により、令和3年1月末までに
6千人以上の方が亡くなり、3万人以上の方が入院されています。特効薬も開発中の段階です。
こうした中で、多くの方に接種を受けていただくことにより、重症者や死亡者を減らし、医療機関の負担を減らすことが期待されます。

一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。
治療を要したり、障害が残るほどの副反応は、極めて稀ではあるものの、ゼロではありません。(予防接種による健康被害は救済制度の対象です。)
今回新たに承認されたワクチンの国内治験では、ワクチンを2回接種後に、接種部位の痛みは約80%に、37.5度以上の発熱が約33%、疲労・倦怠感が約60%の方に認められています。
ワクチンに含まれる成分に対する急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発生頻度は、市販後米国で100万人に5人程度と報告されています。
日本での接種では、ワクチン接種後15~30分経過を見て、万が一アナフィラキシーが起きても医療従事者が必要な対応を行います。

接種後の症状が気になる方へ-副反応かもしれないと思ったらー

どんなワクチンでも、副反応が起こる可能性があります。
副反応は、ワクチンが免疫をつけるための反応です。
一般的に次のような症状がみられます。

多くは2~3日でおさまりますが、接種後に気になる症状があったら、かかりつけ医に相談しましょう。
接種後に副反応の症状が見られる場合、看護師、保健師等に相談のできるコールセンターを設置しています。

東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター

電話番号:03-6258-5802

受付時間:24時間対応(土日祝日を含む毎日)

対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ベトナム語
     タガログ語・ネパール語・ビルマ語(ミャンマー
     語)・タイ語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語

接種により重篤な症状が現れたら

重篤な副反応が出た場合に、予防接種による健康被害と国から認定された方は
予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けられます。
詳しくは予防接種健康被害救済制度(厚生労働省HP)よりご確認ください。

アナフィラキシーや医師が予防接種との関連を疑う重篤な症状が発生した場合は、法に基づき報告を受け、専門家が評価します。こうした報告の中には、ワクチン接種後の持病悪化・死亡のように、ワクチンとの因果関係が直ちに評価できない事例も含まれますが、幅広く収集し、評価を行うこととしています。
加えて、1~2万人の先行接種者を含め、延べ約300万人の方々について、ワクチン接種後の症状等の調査を予定しています。
このように、ワクチンの安全性を継続して確認し、安全性に関する情報を提供していきます。

全国民に提供できるワクチンの数量を確保することを目指しています。しかしながら、ワクチンの調達が段階的にならざるを得ないことから、まず、重症化リスクの高い方から順に接種することで、重症者や死亡者を減らすことを優先します。
また、新型コロナウイルス感染症患者に対する医療提供体制を守ることも不可欠です。
このため、(1)新型コロナウイルス感染症患者等に直接医療を提供する医療従事者等、(2)65歳以上の高齢者、(3)基礎疾患を有する方や高齢者施設等において利用者に直接接する職員、の順で接種をしていく方針です。その後、16歳以上の一般の方に、順次接種が行われます。

外国人も含め、接種の対象となるすべての住民に全額公費で接種を行います。接種の時期が近づいたら、区市町村から、接種のお知らせや接種券をお送りする予定です。

新型コロナワクチンを承認し、接種をお勧めするにあたって、国内外の数万人のデータから、発症予防効果などワクチン接種のメリットが、副反応といったデメリットより大きいことを確認しています。国民の皆さまが納得して判断をしていただけるよう、国からも情報提供をしています。
新型コロナワクチンについて(首相官邸HP)

新型コロナワクチンに関するご質問にお答えします。
「新型コロナワクチンQ&A」(厚生労働省HP)

ワクチン接種の受け方

通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。
1回目から3週間を超える場合は、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。
2回目の接種も、1回目と同様に予約が必要です。
ワクチン接種後も引き続き、感染対策にご協力をお願いします。

相談体制

新型コロナワクチン施策等に関する相談(厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター)

主なお問い合わせ内容:ワクチン施策の在り方等

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:9時00分~21時00分(土日祝日を含む毎日)

接種後に医学的知見が必要となる専門相談(東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター)

主なお問い合わせ内容:接種後に副反応の症状が見られる場合の医療職への相談等

電話番号:03-6258-5802

受付時間:24時間対応(土日祝日を含む毎日)

対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ベトナム語・タガログ語・ネパール語
     ビルマ語(ミャンマー語)・タイ語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語

一般的な相談(お住まいの区市町村窓口)

主なお問い合わせ内容:接種場所、日時、接種券に関する相談等
各区市町村のHPはこちらからご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 東京都福祉保健局感染症対策部防疫・情報管理課(電話03-5320-4302) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。