このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

自宅療養中の注意事項・相談窓口など

1 自宅療養中の方の健康管理

(1)症状が悪化した場合は速やかに連絡してください

体調が急変することもあるので、症状(酸素飽和度の低下、発熱、咳、痰、倦怠感など)が悪化した場合、
すぐにかかりつけ医等や保健所、自宅療養者フォローアップセンターに連絡してください。また、「救急車の
要請が必要な症状の目安」に該当した場合は、速やかに119番に連絡してください。


妊娠中に新型コロナウイルス感染症に罹患され、自宅療養や宿泊療養される方はこちらをご覧ください。
【参考】
公益財団法人 日本産科婦人科学会

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 「新型コロナウイルス感染で妊娠中に自宅療養や宿泊療養(ホテルなど)となられた方へ」

(2)ご自身の健康状態の観察を行いましょう

  • 療養期間中は毎日、原則1日2回、酸素飽和度の計測や体温測定、顔色、息苦しさ等の症状の変化など、ご自身の健康状態の観察を行って下さい。
  • 新型コロナウイルス感染症患者には、発症時は症状がない又は軽い場合でも、時間の経過の中で急激に症状が悪化すること例もみられることから、症状の変化等に留意しましょう。
  • 飲酒・喫煙は厳禁です。(健康状態の正確な把握が困難となる恐れや、症状が悪化する恐れがあるため)
  • 服薬中の薬剤がある場合は、自宅療養期間中の薬剤について、かかりつけ医等にご相談ください。

健康観察のチェックポイント

パルスオキシメーターの使用方法

血中酸素飽和度(SpO2)は、療養中の健康状態を確認する重要な指標です。
SpO2が低下し、呼吸不全の状態に陥っても本人に自覚症状がなく、重症化しているケースがあります。
SpO2を測定することで、重症化のリスクを早期に発見することができますので、健康観察の際はパルスオキシメーターを使用し、SpO2の数値を測定してください。

自宅療養者フォローアップセンターや都保健所で健康観察を行う場合は、保健所から依頼のあった方に対し、自宅療養者フォローアップセンターからパルスオキシメーターを配送しています。
また、貸し出しを行っている区市保健所もあります。

【使用上の注意】

  • 手を動かしたりせず、安静な状態で測定してください
  • 指先が冷たい、指が汚れている、マニキュアを塗っている場合は、反応しない場合があります

(3)体調が悪化した時の連絡先・新型コロナ感染症に関する連絡先

都内保健所
 都内保健所の連絡先一覧はこちら

新型コロナウイルス感染症に関する一般相談
 新型コロナコールセンター
 相談内容:新型コロナウイルス感染症に関すること(予防・症状への対応など)
 受付時間:9時00分~22時00分、土・日・祝日を含む毎日
 電話番号:0570-550571

こころの相談窓口はこちらをご覧ください。

(4)自宅療養中の注意事項 リーフレット

自宅療養中に行っていただきたい健康観察や相談窓口についてまとめましたのでご覧ください。

(5)療養の終了について

療養終了の目安

・発症日から10日が経過していること
・薬剤を服薬していない状態で、症状が軽快していること
・症状が軽快してから、72時間以上経過していること

療養解除は、上記の3つの条件をすべて満たしていることが必要になります。
また、それまで症状がなかったものの療養終了近くになり発熱等の症状が出て、解熱剤等を服薬した場合は療養延長になる可能性がございます。

保健所または自宅療養者フォローアップセンターから健康観察終了のご連絡をいたします。

療養終了後にご注意いただきたいこと

  • 療養終了後4週間は健康にご留意ください。
  • 体調不良時は、保健所またはかかりつけ医に相談してください。
  • 引き続き、マスクの着用等感染予防に努めてください。

2 家庭内感染を防ぐために

(1)同居者に感染を広げない8つのポイント

同居の方、ご家族、周囲の方に感染を広げないために、感染予防8つのポイントを実践しましょう。

(2)「自宅療養者ハンドブック」 ~感染を広げないために~

自宅療養者向けハンドブック

 東京iCDC専門家ボードが作成したハンドブックでは、家庭内の感染予防策について、ご自宅で療養される際に、気を付けていただきたいことをまとめています。
 詳細はこちらをご覧ください。⇒自宅療養者向けハンドブック

PDF版ダウンロード

新型コロナウイルス感染症 自宅療養者向けハンドブック(第2版)
Self-Isolation Handbook for COVID-19 Patients First Edition (英語版)(PDF:673KB)

3 自宅療養者フォローアップセンター

 都は、自宅療養者フォローアップセンターを設置し、自宅療養をされる方のうち、保健所から支援依頼のあった方のサポートを行っています。(令和2年11月開始)
 自宅療養者フォローアップセンターでは、以下の支援を行っています。


配送する食料品等の例

(1)LINEまたは電話による毎日の健康観察

 LINEアプリを使って、チャットボットによる問診を毎日実施し、療養者の健康管理を行います。

(2)自宅療養中に必要な食料品の配送

 自宅療養中は外出ができないため、必要な方には食料品(約1週間分)を配送します。 

(3)24時間対応の自宅療養者専用相談窓口

LINEと電話連絡による健康状態の確認に加え、療養者からの医療相談に24時間毎日対応しています。


パルスオキシメーターの例(コニカミノルタ提供)

(4)パルスオキシメーターの配布

 血液中の酸素の濃度で体の状態を把握していただくため、パルスオキシメーターを配布します。

(5)地域医療との連携

 体調が悪化したときには、地域の医師が電話やオンライン、訪問での診療を行っています。必要な場合は、入院治療につなげます。 

※具体的な利用方法については、こちらを ご覧ください。
 ⇒自宅療養者フォローアップセンターから健康観察を受ける方へ

4 自宅療養中のこころの相談窓口一覧

こころの電話相談
 相談内容:お住いの住所地により都内3か所の精神保健福祉センターで都民の方のこころの健康に関する相談を匿名でお受けしています。
 お悩みやお気持ちを伺い、不安を和らげるお手伝いをさせていただきます。
 受付時間:9時00分~17時00分、平日
 電話番号:精神保健福祉センター 03-3844-2212
 【担当地域:千代田・中央・文京・台東・墨田・江東・豊島・北・荒川・板橋・足立・葛飾・江戸川の各区と島しょ地域】
 電話番号:中部総合精神保健福祉センター 03-3302-7711
 【担当地域:港・新宿・品川・目黒・大田・世田谷・渋谷・中野・杉並・練馬の各区】
 電話番号:多摩総合精神保健福祉センター 042-371-5560
 【担当地域:多摩全域】

心の悩みにおける相談窓口一覧(厚生労働省HP)
 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000643326.pdf
 相談内容:私生活において不安で眠れないといった悩みや、生きづらさを感じるなど様々な悩みを相談したい場合の情報をまとめています。

こころといのちのほっとライン
 相談内容:生きるのがつらい
 受付時間:12時00分~翌朝5時30分、土・日・祝日を含む毎日
 電話番号:0570-087478

相談ほっとLINE@東京
 相談内容:生きるのがつらい
 受付時間:15時00分~22時30分、土・日・祝日を含む毎日
 http://nav.cx/emOsdwi

AIチャットボット「こころコンディショナー」
 外部有識者等が制作したAIチャットボットにより、こころのケアを支援します。
 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/tokyokaigi/chatbot.html

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下 奥付けです。