このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

これから宿泊療養をする方へ

 このページでは、新型コロナウイルス感染症と診断され、宿泊療養施設に入所する方へのご案内を掲載しています。 

感染拡大状況に応じて、以下のような方を優先し、入所いただいています。



・コロナの症状がある方で、50歳以上の方や心疾患、呼吸器疾患又は糖尿病等、重症化リスクの高い基礎疾患のある方(なお、宿泊療養施設では対応困難な慢性肺疾患、心血管疾患を有する方、内服等でコントロール不能な糖尿病の方等は除きます。)
・同居の家族に重症化リスクの高い基礎疾患のある方や妊婦がいるなど、早期に隔離が必要な方

■ 宿泊療養施設の概要については、宿泊療養施設のご案内のページをご覧ください。
■ 宿泊療養施設への入所を希望する方は、宿泊療養を申し込むにはのページをご覧ください。

1 入所方法

宿泊療養施設への入所に当たっては、入院先の医療機関又は保健所が東京都と調整します。
自宅から宿泊療養施設に入所する場合は、保健所からご本人に連絡がありますが、連絡を待つことなく、ご本人が直接東京都へ申し込むこともできます。詳細は、「宿泊療養を申し込むには」のページをご覧ください。

2 療養上の注意事項など

 宿泊施設入所前に必ずお読みください。

(1) 入所について

□ 入所決定の連絡は、入所日の前日の夕方以降になります。
□ 自宅から宿泊療養施設への移動手段は都が手配する専用の搬送車に限ります(徒歩、自家用車等での移動不可。なお、搬送車は相乗りとなる場合あり)。
□ 搬送車が指定のお迎え場所に到着したら、ドライバーからご本人に連絡が入ります。
□ 自宅から宿泊療養施設まで、買い物等に立ち寄ることはできません。
□ 乗車時刻は時間の指定はできません。

(2) 退所について

退所予定日は以下のとおりとなります。
 
 有症状の方
 ・発症から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合には8日目から療養期間の解除が可能となります。
 
<注意事項>
 10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
 
 無症状の方

 ・検体採取日から7日間を経過した場合には8日目に療養解除(※)が可能となります。
※検体採取日から5日目に自身で用意した検査キット(薬事承認された抗原定性検査キット)を用いて検査して陰性だった場合、検体採取日から6日目に退所となります。

注意1 医師の判断により、退所予定日が延期になる場合があります。
注意2 期間満了による退所の場合の移動手段は、公共交通機関等を利用することになります(帰宅のための交通費を持参してください。)。
注意3 宿泊療養施設では、食事の提供や差入れの受付けをしていますので、症状軽快後24時間経過後や無症状の場合であっても、食料品等の買出しを目的とした外出をご遠慮いただいております。

(3) 持ち物・事前準備について

□ 保険証、体温計、バスタオル、タオル類、ナイトウェア等をお持ちください(洗濯設備はありません)。その他、必要に応じて室内履き(スリッパ等)、雨具(退所時の天候により必要な場合があるため)等をご持参ください。
□ 服用している薬は、入所期間に必要な量を余裕を持って用意してください。 やむを得ず不足する場合は、ホテル事務局に連絡の上、入所後にオンライン診療で処方を受けてください。      
□ 水・お茶などの飲み物については、ホテルで提供しています(自動販売機はご利用いただけません。)。
□ 入所後は、退所まで外出することができません。必要なものは入所の際に持参してください。
□ 酒類・たばこ、刃物等危険物のほか、ビン・缶などホテルで処分できないものの持ち込みは禁止です。
□ 入所中は、パルスオキシメーターを使い、指先で体温・血中酸素飽和度を測定します。正しく測定できるよう、ジェルネイルやマニキュアは、自宅で可能な限り落としてから入所してください。

(4) 差入れについて

□ 差入れを希望する場合は、前日までに入所者ご本人がホテル事務局に申し出ることが必要です。
□ 家族や知人等が直接持参する場合に限り、差し入れが可能です(宅配便不可)。
□ 差し入れは、常温OKのものに限ります。
□ 酒類・たばこ、刃物等危険物のほか、ビン・缶などホテルで処分できないものは受付できません。
□ 差入れの中身を事務局が確認しますのでご了承ください。

(5)食事について

□ 1日3回、食事(お弁当)と飲み物が提供されます。
□ 食事は、原則として全員同じものを用意していますが、食欲がない方にはゼリーやレトルトのおかゆなどを提供することも可能です。

(6) 健康管理について

□ 安全に療養いただくために、毎日の検温等、健康管理にご協力ください。
□ ホテルでは、治療や薬の処方は行いませんが、看護師が常駐して健康相談に対応します。また、リモートで医師に相談することもできます。
□ 常備薬として、解熱剤・咳止めなどの市販薬を用意しており、健康管理スタッフの判断で提供することが可能です。
□ 症状が悪化した場合には、適切な医療が受けられるよう、健康管理スタッフの判断により、医療機関搬送になる場合があります。

(7) 療養期間中のルールについて

□ ホテルの外に出ることはできません。
□ 食事の受取り以外はご自分の部屋でお過ごしください。室内で、Free Wi-Fiをご利用いただけます。ただし、時間帯等によっては通信速度が不安定となる場合があるため、必要に応じてポケットWi-Fi等をご持参ください。
□ 療養期間中の喫煙・飲酒は厳禁です。
□ 写真撮影など、他の療養者のプライバシーの保護に抵触する行為を行わないでください。
□ わからないことや心配なことがあるときには、ホテル事務局に電話でご相談ください。

(8) 宿泊療養証明書

□ 令和4年9月26日から、宿泊療養証明書の発行は発生届の対象となっている場合に限定されています。発生届の対象外となった方に対しては、証明書の発行を行うことができません。
 また、紙による療養証明書のほか、スマートフォンやパソコンでMy HER-SYS(厚生労働省新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム)にアクセスして、療養証明書を表示することもできます。
 お急ぎの場合は、My HER-SYSの療養証明書をプリントアウトしてご利用ください。
 紙による宿泊療養証明書をご希望の場合は、「宿泊療養証明書の請求について」をご確認の上、郵送でご請求ください。

(注意事項)
 ※東京都では自宅療養の証明書は発行しておりません。
 ※請求前に、以下の【よくあるご質問について】を必ずお読みください。

3 施設別のチェックリスト

□ 入所する施設が決定したら、施設別のチェックリスト等にも目を通しておいてください。

the b 池袋

デイナイスホテル東京

東横INN東京駅新大橋前

イーストタワー(品川プリンスホテル)

アパホテル&リゾート西新宿五丁目駅タワー

アパホテル山手大塚駅タワー

東横INN池袋北口II

アパホテル品川泉岳寺駅前

アパホテルプライド国会議事堂前

アパホテル東新宿歌舞伎町タワー

東急ステイ高輪

アパホテル新宿御苑前

コンフォートホテル東京東日本橋

アパホテルTKP日暮里駅前

ホテルグレイスリー新宿

カンデオホテルズ上野公園

R&Bホテル蒲田東口

アパホテル大森駅前

コンフォートホテル東京東神田

KOKOHOTEL銀座一丁目

the b 赤坂

R&Bホテル東京東陽町

アパホテル上野広小路

新宿ワシントンホテル新館

THE KNOT TOKYO Shinjuku

アパホテル新宿歌舞伎町タワー

アパホテル浅草駅前

新宿グランベルホテル

東京都ペット同伴宿泊療養施設

 本施設は防潮堤の外側に設置した屋外施設であることから、台風の接近が予想される場合には、
 受入れを中止します。

立飛・高松宿泊療養施設

4 お問合せ

感染症対策部事業推進課 宿泊施設担当
ホテル入所の基準や手続きに関すること 03-5320-4255
ホテルの開設に関すること 03-5320-5976
ホテル運営に関すること 03-5320-4479
宿泊療養証明書に関すること 03-5320-4478

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

療養者・濃厚接触者の方へ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。