このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酸素・医療提供ステーション

 東京都では、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、医療を必要とする方に症状に応じて適切に医療サービスを提供するため、さまざまな医療提供体制を構築してきました。
 酸素・医療提供ステーションは、軽症から中等症の患者に対して、酸素投与や中和抗体薬治療等の医療を提供する施設です。

施設概要

〇新型コロナウイルス感染症の患者で、軽症、中等症1の方を受け入れます。
※ 「中等症1」の正しい表記はローマ数字です。
〇臨時の医療施設として運営しており、医師・看護師が24時間常駐して、健康観察を行い、
 酸素投与のほか、中和抗体薬治療等の医療を提供します。

入所の対象となる方

※症状、要介護度等を伺い、入所の可否を医師が総合的に判断します。
■軽症・中等症1の方

 軽症、中等症1

 (93%<SpO2<96%を目安として誤差や臨床状態を考慮し、バイタル良好で呼吸苦等なければ93%でも受入可)  

■要介護2まで

入退所の流れ

入所のご相談は管轄の保健所までお願いいたします。

入退所の流れ


入所中の生活

■健康観察

看護師による巡回やモニターによる見守りを行います。

医師の判断に基づき、酸素投与、補液・解熱鎮痛剤等の点滴、内服薬(主に市販薬)の処方、中和抗体薬治療などを行います。

■お食事

飲料と弁当をご用意しています。

食欲のない方にはゼリーやおかゆ(レトルト)等もご用意しています。

アレルギーをお持ちの方は事前にご相談ください。

■お部屋

大部屋(間仕切りによるブース分けあり)での療養です。

詳細は各酸素・医療提供ステーションの項目をご覧ください。

■日中活動

必要に応じて、ADLの低下防止のため、塗り絵、折り紙、体操等を実施しています。

入所される方へ 

■持ち物

・健康保険証、健康保険証のない外国籍の方はパスポート、生活保護の方は生活保護受給者証

(いずれもコピー可)

・携帯電話、充電器

・常備薬・処方薬(普段お使いの薬、陽性と診断された病院で処方された薬)

 お持ちであれば医療機器(CPAP・血糖測定器等)

・お薬手帳(コピー可)

・療養期間中の着替え等(温度調整の可能な服含む)

・お帰りの際の交通費

(療養期間満了まで滞在する場合は、公共交通機関等によりご自身でご帰宅いただきます。)

※貴重品の管理は入所者ご自身で行っていただきます。

※療養に必要のないものの持込はご遠慮ください。

※刃物(T字カミソリ、ハサミ、カッター等)、火器(タバコ、加熱式タバコ、電子タバコ、ライター、マッチ等)の持込は禁止です。 (電気シェーバーは持込可能です。)

■その他

・内服薬の管理やご家族へのご連絡は原則として入所者ご自身で行っていただきます。

・入所中は外出できません。

・入所時、入所中はご家族等の面会、付添いはできません。

・写真撮影等、他の入所者の療養の妨げになることはご遠慮ください。


各施設の紹介

酸素・医療提供ステーション(立川)

・施設所在地:立川市緑町9-3
・規模:85床
・設置日:令和4年6月21日

施設情報
お部屋

パーティションとカーテンによるブース分けを施した半個室です。
原則、男女でゾーン分けをしています。ブースごとに机、ロッカー、テレビがあります。

シャワー設備

あり(共用)
医師が認めた場合に利用が可能です。
介助が必要な方は清拭となります。

ロッカー

あり(ブースごと)
ご希望により鍵の貸出が可能です。

Wi-Fiあり
テレビあり(ブースごと)
冷蔵庫、洗濯機なし

立川写真


酸素・医療提供ステーション(築地)

・施設所在地:中央区築地5-2-1
・規模:115床
・設置日:令和3年9月20日

施設情報
お部屋

ベッドごとに間仕切りによるブース分けをしています。
男女混合の大部屋です。更衣室があります。
親子で入所できる部屋があります(個室ではありません)。
※親子とも新型コロナウイルス感染症に罹患した場合に限ります。また、お子さまの年齢や症状によって入所できない場合もあります。

シャワー設備

あり(共用)
医師が認めた場合に利用が可能です。
介助が必要な方は清拭となります。

ロッカーあり
Wi-Fiなし
テレビあり(共用スペースのみ)
冷蔵庫、洗濯機なし

築地の写真

宿泊療養証明書(酸素・医療提供ステーション)について

9月26日以降に新型コロナウイルス感染症と診断され、発生届の対象外になった方に対しては、療養証明書の発行は行いません。
詳細は次のリンクをご覧ください。
宿泊療養証明書(酸素・医療提供ステーション)について(PDF:838KB)

My HER-SYSによる療養証明書の表示方法は、次の厚生労働省のリンクをご覧ください。
MyHER-SYS 療養証明書リーフレット

施設の感染予防対策について

 感染症対策の専門家の指導に基づき、安全な施設運営管理を行うとともに、業務従事スタッフ等の二次的感染を防止します。詳細は、次のリンク先をご覧ください。

施設の感染予防対策について(PDF:118KB)

お問合せ

このページの担当は、感染症対策部事業推進課です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

療養者・濃厚接触者の方へ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。