このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

療養証明書について

療養証明書に関する注意事項

9月26日以降に診断され、発生届対象外になった方に対しては、療養証明書の発行は行いません。
診療明細書など、代替書類となる書類をご活用ください。

新型コロナウイルス感染症にり患したことを証明する書類について、
厚生労働省は、各種団体に医療機関や保健所に対して、療養証明書による証明を求めずに
配慮するよう要請しています。

・感染者及び濃厚接触者が職場等で勤務を開始するにあたって証明書を提出することは
 不要となっています。
 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第18 条に規定する就業制限の解除に関する取扱いについて(厚生労働省)

・生命保険協会や日本損害保険協会は、My HER-SYSの療養証明に加え、代替書類の活用等について
 検討するよう会員各社に依頼しています。
 保険会社によっては、代替書類による給付金の請求が可能になっていますので、提出先にご確認の上、
 ご対応ください。
 新型コロナウイルス感染症に係る医療機関・保健所からの証明書等の取得に対する配慮に関する要請について(厚生労働省)
 療養証明書の取扱い等について(生命保険協会)
 療養証明書の取扱い等について(日本損害保険協会)

発生届対象者の方は、My HER-SYSの療養証明書をご活用ください

発生届対象者の方はこちら
表示方法は、下記の厚生労働省のリンクをご覧ください。
新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)
MyHER-SYS 療養証明書リーフレット(表示方法)

・MyHER-SYSの療養証明書や操作に関しては、下記にお問い合わせください。
 厚生労働省一般の方専用ダイヤル:03-5877-4805
                 03-6885-7284
                 03-6812-7818 
 受付時間9時30分から18時15分(土日祝除く)

療養証明書についての問い合わせや発行は療養場所によって異なります

療養証明書は、療養場所によって発行できる場所が異なります。ご注意ください。
保険会社の医療保険等の入院給付の請求などで療養証明書が必要な方は、下記にお問い合わせください。

○入院された方

入院中の療養期間の証明書は、入院されていた医療機関にお問い合わせください。

○東京都の宿泊療養施設を利用した方

宿泊療養を終了された方で、宿泊療養期間の証明をご希望の方には、宿泊療養証明書を発行しています。詳細については以下の「宿泊療養証明書の請求について」をご確認のうえ、郵送でご請求ください。
宿泊療養証明書の請求について(PDF:167KB)
【よくあるご質問について】(PDF:115KB)

○自宅療養の方

自宅療養の療養証明書をご希望の方は、お住まいの地域を担当している保健所のホームページを
ご確認ください。

○その他

診断、健康観察を行った医療機関での療養証明を希望される方は、直接医療機関にご相談ください。
宿泊療養又は自宅療養を証明する書類について(PDF:141KB)
(別添様式)「宿泊・自宅療養証明書(新型コロナウイルス感染症専用)」(PDF:74KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 感染症対策部 防疫・情報管理課 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

療養者・濃厚接触者の方へ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。