このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

医療機関による健康観察について

【重要】9/26以降発生届出の対象者が限定されることに伴い、「診療・検査医療機関による健康観察等支援事業」について事業の見直しを行いました。

詳細については、こちらをご確認ください。

医療機関による健康観察を実施しています

東京都では、陽性判明後に、自宅療養となった方に対して速やかに健康観察を実施するため、診療・検査医療機関等による自宅療養者への健康観察等支援事業を実施しております。
下記の医療機関では、医療機関でPCR検査等を受けた後に陽性と診断され、自宅療養となった場合は、引き続き健康観察を受けることができます。

健康観察を行っている医療機関の一覧について

健康観察を行っている診療・検査医療機関等のうち、 ホームページでの公表に同意いただいた医療機関について掲載しております。お近くの医療機関での検査や健康観察を希望される方はご参照ください。
健康観察を行っている医療機関の一覧(Excel:88KB)

千代田区、中央区、港区、文京区、台東区、墨田区、江東区(PDF:1,108KB)

荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区、新宿区、目黒区(PDF:1,066KB)

世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、品川区(PDF:1,097KB)

大田区、北区、豊島区、板橋区、練馬区(PDF:1,070KB)

市町村部(PDF:1,131KB)

【参考】
診療検査医療機関については、こちらのページでご確認ください。

健康観察の概要について

医療機関による健康観察事業イメージ

【事業の流れ】
(1) 発熱等の症状がある場合などに医療機関でPCR検査等を受診

(2) 陽性と診断され、自宅療養となった場合に検査を受けた医療機関で引き続き健康観察を受けることができます。健康観察の方法については、医療機関と相談してください。HER-SYSの健康観察ツールである、My HER-SYSや健康コール等をご活用ください。
My HER-SYS利用ガイド(PDF:912KB)
健康コール利用ガイド(PDF:1,095KB)

(3) 医療機関は、発生届の提出と健康観察を医療機関で行うことを保健所へ連絡します。
(4) 医療機関が療養期間中、自宅療養者がMy HER-SYSや健康コールに入力した健康観察結果を確認するほか、電話による健康観察を行います。
(5) 医療機関は自宅療養者の健康観察の結果を、HER-SYS等を通じて保健所と情報共有します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 感染症対策部 防疫・情報管理課 保健所連携支援担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

療養者・濃厚接触者の方へ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。