このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 感染症対策 の中の 新型コロナ保健医療情報ポータル の中の 医療機関・事業者への支援 の中の R4年度8月お盆期間の診療・検査体制の確保について(診療・検査医療機関) のページです。

本文ここから

R4年度8月お盆期間の診療・検査体制の確保について(診療・検査医療機関)

 東京都では、発熱患者等が地域において適切に診療及び検査を受けられるよう、8月お盆期間(8月11日~16日)も診療・検査を実施する診療・検査医療機関を確保し、体制強化を進めています。
  このホームページでは、東京都の診療・検査医療機関として8月お盆期間に診療・検査を実施する医療機関の登録及び協力金についての情報を掲載します。 

事業概要

 添付資料をご確認ください。

登録手続

登録要件

○ 都の指定を受けた診療・検査医療機関が対象です。
 指定を受けていない場合は、事前に東京都福祉保健局のHPから
 令和4年7月28日(木)までに診療・検査医療機関の指定申請をお願いします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。申請サイトリンク

(「診療・検査医療機関」の新規指定申請は上記リンクから)


○ 8月11日(木)~8月16日(火)の間で、
 「診療・検査医療機関」として発熱患者等の診療等を実施する体制を1日以上確保してください。
 (1日あたり合計で4時間以上)
 ※ 発熱患者等専用の診察室(時間的又は空間的分離)を設けてください。


○ 自院患者の発熱患者等のほか、
 東京都発熱相談センターや都内保健所等からの紹介による発熱患者等についても、
 診療等を行ってください。

※区市町村の委託による休日診療は、本事業の対象になりません。本事業の対象となるには、
 休日診療とは別に体制を確保していただく必要がありますので、ご注意ください。

※当該事業を実施するに当たっては、事前に近隣の調剤薬局に開設日や開設時間等について調整を行ってください。

※本事業は、専用の診察室で医師等の必要な従事者が実際に勤務した時間が支給対象です。
 オンコール体制で待機中の時間や訪問診療をした時間は対象となりません。
 実績報告が実態と異なり支給要件を満たさないことが判明した場合、支給した協力金のうち当該部分の金額を返還いただきます。

登録方法

 8月お盆期間の体制を確保していただける診療・検査医療機関の方は、8月お盆期間の診療・検査の体制を申請サイトからご登録ください。

申請サイトリンク

(「8月お盆期間」の事前登録は上記リンクから)


※登録の要件として、8月お盆期間中に東京都発熱相談センター等から紹介される
発熱患者等の診療をすることとなっています。
 登録内容の「対象者」の項目について、「自院患者に加え、相談センター等からの紹介患者」に
チェックが無い場合は、本事業の対象となりませんのでご注意ください。
 また、正当な理由がある場合を除き相談センター等からの紹介を断らないよう、お願いいたします。
(正当な理由なく断った場合、都から連絡をさせていただくことがあります。)

登録期間

 令和4年7月26日(火)9時~8月2日(火)17時

登録事項の変更

 登録事項を変更しようとする場合は、申請サイトから変更箇所を更新してください。
 なお、8月お盆期間の開設状況等の情報を、関係機関に提供するため、8月2日(火)17時以降に登録内容の変更はできなくなりますので、ご注意ください。

給付金の支給

 申請サイトから、8月お盆期間に診療・検査を実施する診療・検査医療機関として登録していただいた医療機関の皆様に、別途ご案内いたします。

要綱・要領

問合せ先

 福祉保健局感染症対策部事業推進課感染症医療整備担当(03-5320-4347)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 感染症医療整備担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

医療機関・事業者への支援

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。