このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 病院管理 の中の 病院、有床診療所の新規開設及び増床に係る事前相談について のページです。

本文ここから

病院、有床診療所の新規開設及び増床に係る事前相談について

1 事前相談の目的

 事前相談は、東京都知事が医療法(昭和23年法律第205号)第7条に基づき、病院及び有床診療所の開設(移転を含む。)、病床数の増加若しくは種別の変更を許可するに当たり、法第30条の4による東京都保健医療計画に基づいた病床の適正配置を目的として行います。

2 事前相談計画書案の打合せ・提出

 令和2年度の提出期間は、以下のとおりです。
 令和2年4月の既存病床数公表日から8月の最終開庁日まで(予定)
 (年1回のみ受付)
   ※確認に時間を要しますので、締切り3週間程度前までに御提出ください。
   ※新型コロナウイルス感染症の状況により、スケジュールが変更となる可能性があります。

3 病床配分までの流れ(予定)

 病院、有床診療所の新規開設、増床を希望される場合の事前相談の手続は以下のとおりです。8月末までに、医療安全課医務担当(03-5320-4431)まで御連絡の上、事前打合せをする必要があります。

 
時期 配分までの流れ
令和2年8月7日(金曜日)まで 事前相談計画書(案)の確認
令和2年8月31日(月曜日)まで 事前相談計画書の提出期限<必着>
令和2年9月から調整会議前まで 区市町村毎の協議(1)
令和2年11月から令和3年1月まで 地域医療構想調整会議での協議(1)
※ 整備する病床数が一定数以上の者に地域医療構想調整会議での説明を求めます。
 
(再調整が必要な場合)令和2年度内 区市町村毎の協議(2)
令和3年5月から同年7月まで 地域医療構想調整会議での協議(2)
令和3年9月 東京都医療審議会への報告
令和3年9月末 申出者へ結果通知
 
※ 新型コロナウイルス感染症の状況により上記スケジュールが変更となる可能性があります。
※ 地域医療構想調整会議の調整結果次第で配分の時期が変更となる可能性があります。

4 病床配分の方法について

  1. 従来どおり、二次保健医療圏単位での均等配分を行いますが、令和2年度に限り、「災害医療体制」(災害拠点病院又は災害拠点連携病院)の整備に必要な病床について、優先的に配分を行います。なお、配分数については、各圏域の配分可能数を超えない範囲で各病院100床を上限とします。
  2. 上記1に加え、重点的に入院を伴う感染症の患者を受け入れる医療機関に対して、優先配分を検討いたします。なお、配分数については、各圏域の配分可能数を超えない範囲で各病院50床を上限とする予定です。なお、地域医療構想調整会議の意見を踏まえ、最終的に決定いたします。

5 東京都保健医療計画上の既存病床数の状況

 現在の病床数の状況については、毎年4月1日時点の数字を公表しております。既存病床数が基準を上回る医療圏については、申請を受け付けることができませんので、希望される地域の状況を確認の上、申請をお願いします。
→ 既存病床数の現状について、詳しくは こちら をクリックしてください。

6 届出による診療所の病床設置に係る特例措置について

 令和2年度の診療所病床設置等計画書案の打合せ・提出期間は、以下のとおりです。
 令和2年4月の既存病床数公表日から8月の最終開庁日まで(予定)
 (年1回のみ受付)
 医療安全課医務担当(03-5320-4431)まで御連絡の上、事前打合せが必要です。
  ※ 内容確認に時間を要しますので、締切り3週間程度前までに御提出ください。
   必要書類が不足している場合、申請を受け付けない場合があります。
 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療安全課 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。