このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 献血・移植医療 の中の 目の愛護デー事業「Tokyo Eye Festival 2022」 のページです。

本文ここから

目の愛護デー事業「Tokyo Eye Festival 2022」

毎年10月10日は「目の愛護デー」です。
都民のみなさまに改めて目の大切さを確認していただくととともに、目の病気の早期発見・早期治療につながるよう、東京都では、東京都眼科医会と共催で、毎年10月に「Tokyo Eye Festival」を開催しています。
今年も下記のとおり開催いたしますので、会場又はWebでぜひご参加ください。

1 期間・場所

(1)会場開催

○期間 : 令和4年10月8日(土曜日)・9日(日曜日)
      両日とも午前11時から午後5時まで
○場所 : 新宿駅西口広場イベントコーナー

(2)WEB配信

○期間 : 令和4年10月1日(土曜日)から10月31日(月曜日)まで
      ※Tokyo Eye Festivalの特設ページからご覧ください。
       下記のURL又はバナーをクリックすると特設ページが開きます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.tougan.org/tef2022/

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

2 内容

〇一般公開講座

 【テーマ及び講師】
  (1)「ゆがんで見える?放っておくとどうなるの?」
     稲毛佐知子先生、江連司先生(東京都眼科医会公衆衛生部)

  (2)「緑内障と言われた?!ホントに見えなくなっちゃうの?」
     難波龍人先生、山田愛先生(東京都眼科医会公衆衛生部)

 【講座の視聴方法】
  Webにて配信いたします。
  Tokyo Eye Festivalのトップページから「一般公開講座」にアクセスください。

〇疾患コーナー

〇視野障害体験コーナー

〇色覚体験コーナー

〇メガネ・コンタクトレンズコーナー

〇盲導犬コーナー

など

詳しくはチラシをご覧ください。

3 問合せ先

公益社団法人東京都眼科医会
電話 03-3353-8383
東京都福祉保健局保健政策部疾病対策課
電話 03-5320-4506

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 疾病対策課 献血移植対策担当(03-5320-4506) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。