このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 医療助成 の中の B型・C型ウイルス肝炎医療費助成について の中の 肝炎治療特別促進事業におけるマヴィレット配合錠の12歳以上の小児への保険適用拡大についての取扱いについて(令和元年9月) のページです。

本文ここから

肝炎治療特別促進事業におけるマヴィレット配合錠の12歳以上の小児への保険適用拡大についての取扱いについて(令和元年9月)

内容

  • 令和元年8月22日付けで、成人のC型慢性肝炎及びC型代償性肝硬変に対して保険適用とされていた「マヴィレット配合錠(一般名:グレカプレビル水和物/ピブレンタスビル配合剤)」が、12歳以上の小児のC型慢性肝炎及びC型代償性肝硬変に対して保険適用となりました。
  • これに合わせて、肝炎治療特別促進事業におけるC型慢性肝炎及びChild-Pugh分類AのC型代償性肝硬変に対するインターフェロンフリー治療として同薬剤による12歳以上の小児のC型慢性肝炎及びChild-Pugh分類AのC型代償性肝硬変に対する治療も医療費助成の対象といたしました。

助成期間遡及適用の取扱いについて

 令和2年2月29日までの間に、「マヴィレット配合錠(一般名:グレカプレビル水和物/ピブレンタスビル配合剤)」による治療の助成に対する申請を行った者について、医療助成の対象となる者と認めたときは、当該申請を行った者の申出に基づき、医療助成の開始日を令和元年8月22日(保険適用日)まで遡及できる取扱いとします。

その他

お問い合わせ

このページの担当は 保健政策部 疾病対策課 疾病対策推進担当(03-5320-4476) です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

B型・C型ウイルス肝炎医療費助成について

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。