このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 医療・保健施策 の中の 在宅療養 の中の 東京都多職種連携ポータルサイト(機能2 転院支援システム) のページです。

本文ここから

東京都多職種連携ポータルサイト(機能2 転院支援システム)

東京都では、地域の医療・介護関係者や医療機関間の広域的な連携を促進し、都における在宅療養推進体制の強化を図ることを目的として、「東京都多職種連携ポータルサイト」を運営しています。

機能2 転院支援システム

【目的】
転院支援システムは、医療機関間における転院調整を円滑に行うことを目的に運営しています。

【システム概要】
転院元医療機関と受入先医療機関の双方からのアプローチ機能を備えた、転院予定患者の受入れマッチング(転院調整)を行うシステムです。


 


【利用対象施設】
都内に所在する病院及び有床診療所

【利用にあたって】
東京都から利用対象施設に対し、令和2年9月16日付2福保医政第865号「東京都多職種連携ポータルサイト(転院支援システム)のリリースについて(周知)」にて、各種ID・パスワード等を通知しています。利用方法等のご不明点については、下記問い合わせ先までご連絡ください。
 証明書インストール説明書(PDF:2,644KB)
 利用マニュアル(PDF:3,101KB)

【注意事項】
※ 転院調整にあたって必ず本システムを使わなくてはいけないものではありません。既存の方法に加えて、本システムも積極的にご活用ください。
※ 患者様の個人情報を取り扱うことになりますので、転院元医療機関は、本システムで転院調整を行う事について、転院予定患者様からご承諾いただくことが必要です(書面・口頭どちらでも可)。

【ちらし】

活用事例

多職種連携ポータルサイト検討部会(https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/iryo_hoken/zaitakuryouyou/suishinkaigi/portalsite02.html)の委員のうち、一部の方に実際に転院支援システムを使っていただき、システム上でマッチングした具体的な事例や、システムを使ってみたメリットなどを伺い、いただいた回答を以下のとおりまとめました。転院支援システム利用のご検討にお役立てください。


【問い合わせ先】 令和3年4月1日から電話番号が変わりました!
東京都多職種連携ポータルサイト管理者
 0570-037-275 (みんなでつなごう)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

在宅療養

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。