このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 医療・保健 の中の 医療・保健施策 の中の 在宅療養 の中の 令和元年度 東京都入退院時連携強化事業 のページです。

本文ここから

令和元年度 東京都入退院時連携強化事業

入退院時連携支援事業補助金

概要

◆事業内容
 入退院支援に取り組む人材の配置に伴う人件費を補助し、医療機関における入退院支援体制の充実を図るとともに、病院と地域の医療・介護関係者の連携を支援する。

◆対象医療機関
 医療法(昭和23年法律第205号)第7条第2項各号に規定する病床の合計数が200床未満の都内病院。
 ただし、以下の場合を除く。
 1.平成31年4月1日時点で、施設基準に定める入退院支援加算1を取得している病院
 2.医療法第7条第2項第1号に規定する精神病床のみを有する病院
 3.地方公共団体、地方独立行政法人、特定地方独立行政法人、国、独立行政法人及び国立大学法人が
  開設する病院

◆補助対象経費
 下記ア、イのいずれかに該当する看護師又は社会福祉士等の人件費が対象となります。1病院1人まで。
 ア 入退院支援を行うために配置されている職員で、令和元年度に実施する入退院時連携強化研修又は
   退院支援人材育成研修を修了する者
 イ 過去に退院支援人材育成研修、退院支援強化研修(平成29年度まで実施)、退院時連携強化研修の
   いずれかを修了し、入退院支援を行うために配置されている者

 ※ただし、当該職員についてこれまで在宅療養移行支援事業補助金、在宅療養移行体制強化事業補助金、
  入退院時連携支援事業補助金の交付を受けていた期間が通算して3年を超えない場合に限ります。
 ※人件費は常勤職員給料、非常勤職員給料、賞与及び手当、法定福利費を含みます。
 ※国、地方公共団体等の他の補助金等を充当する場合は、対象外となります。

◆補助要件
 令和元年度中に、
 (1)入院調整体制の強化に取り組むこと
 (2)入退院支援担当者を中心に、在宅療養移行支援や地域における医療と介護の連携などに取り組むこと
 (3)在宅療養患者の病状変化時における受入体制の確保に努めること

◆補助基準額及び補助率
・  基準額  :1病院当たり 3,600千円×配置月数/12
・  補助率  :1/2

◆その他
 詳細につきましては、交付要綱等をご参照ください。

提出について

◆提出書類
(1)令和元年度 東京都入退院時連携支援事業補助金交付申請書(第1号様式)
(2)所要額調書(別紙1)
(3)所要額明細書(別紙2)
(4)事業計画書(別紙3)
(5)当該事業に係る歳入・歳出予算書の抄本(参考様式あり)
(6)対象経費の根拠書類(人件費の算出方法がわかるもの)
(7)印鑑証明書(提出する書類に使用する印鑑は、全てこの印鑑を使用してください。)
(8)提出物チェックリスト(申請時)
(9)補助金申請可否チェックリスト 
(10)参考となる資料(ある場合)

(1)~(5)の様式はこちらからダウンロードしてください。

◆提出期限
 12月18日(水曜日)必着

◆提出
 下記まで、紙1部(郵送)及びデータ(メール)で提出してください。
 東京都福祉保健局医療政策部医療政策課 地域医療対策担当
 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
 (メール)S0000298@section.metro.tokyo.jp

 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療政策課 地域医療対策担当(03-5320-4417) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。