このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

がんゲノム医療中核拠点病院の概要

 ゲノム医療を必要とするがん患者が、全国どこにいても、がんゲノム医療を受けられる体制を構築するため、国が定めた整備指針に基づき、国が指定します。

 東京都には、3か所のがんゲノム中核拠点病院があります。

 がんゲノム医療中核拠点病院は、以下の役割を担うことが求められます。

 (1) がんゲノム情報に基づく診療や臨床研究・治験の実施、新薬等の研究開発、がんゲノム関連の人材育成等の分野において、貢献すること。
 (2) がん患者の遺伝子パネル検査における一連の流れ(1.患者への検査に関する説明、2.検体の準備、3.シークエンスの実施、4.検査レポートの作成、5.エキスパートパネルの開催、6.患者への検査結果の説明、7.検査結果に基づく治療)について、自施設で実施できる機能を有すること(ただし、3.シークエンスの実施については、シークエンスを適切に行うことができる医療機関又は検査機関に委託しても差し支えない。また、5.エキスパートパネルについて、小児がん症例等については、自施設において必ずしもエキスパートパネルでの議論が可能とは限らないため、必要に応じて、知見のある他のがんゲノム医療中核拠点病院又はがんゲノム医療拠点病院に適切に依頼すること。)。
 (3) 院内の見やすい場所に、がんゲノム医療中核拠点病院としての指定を受けている旨の掲示をする等、がん患者に対し、必要な情報提供を行うこと。
 (4) がんゲノム医療拠点病院及びがんゲノム医療連携病院(原則1箇所のがんゲノム医療中核拠点病院又はがんゲノム医療拠点病院と連携して遺伝子パネル検査の結果を踏まえた医療を行う病院のことをいう。以下同じ。)と協力しながら、がんゲノム医療が適切に提供されるよう努めること。

詳しくは、厚生労働省のホームページを参照してください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。がん診療連携拠点病院等(厚生労働省ホームページ)

東京都内のがんゲノム医療中核拠点病院

がんゲノム医療中核拠点病院等の整備について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。がんゲノム医療中核拠点病院等の整備について(厚生労働省健康局長通知)

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療政策課 がん対策担当(03-5320-4389) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。