このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

若年がん患者等生殖機能温存治療費助成事業

がん患者さん等が、生殖機能(妊よう性)温存を行う際の治療費を助成します

 東京都では、がん等の治療の影響により、生殖機能(妊よう性)が低下又は失うおそれのある患者さんが、治療前に受精卵・卵子・精子・卵巣組織の凍結を行う場合に、その費用を助成する事業を令和3年度から開始します。
 現在、制度開始に向けて準備中です。制度の詳細及び助成の申請方法については、決まり次第、このページでお知らせします。
 なお、現時点での制度の概要については、以下のとおりです。

制度の概要

助成対象となる費用

  1. がん等の治療に際して行われる精子、卵子又は卵巣組織を採取し凍結保存するまでの一連の医療行為、若しくは卵子を採取し受精させ、受精卵を凍結保存するまでの一連の医療行為に係る費用
  2. 1の医療行為により凍結した精子、卵子、卵巣組織又は受精卵の凍結保存に係る費用
  3. 1の医療行為により凍結した精子、卵子、卵巣組織又は受精卵を用いて、妊娠のために行う治療に係る費用(体外受精、顕微授精に限る)

対象になる方の要件

  • 治療開始時に満43歳未満の方(凍結保存に係る費用については、患者さんの年齢が43歳になるまでに生じた費用を助成します。)
  • 申請時点で東京都内にお住まいの方(都外にお住まいの間に生じた費用については助成の対象外です。)
  • 令和3(2021)年4月1日以降に温存治療を開始された方

助成対象となる医療機関

以下の医療機関で治療を受けた場合に、助成対象となります。

  • 日本産科婦人科学会「医学的適応による未受精卵子、胚(受精卵)および卵巣組織の凍結・保存に関する登録施設」

(登録施設については、こちらから検索することができます。)

助成金額

実際の治療に要した経費のうち、保険適用外で、かつ他の助成制度の対象とならない費用について、以下の金額を上限に助成します。

生殖機能温存治療
保存方法 治療の流れ 助成上限額
受精卵凍結 卵巣刺激 ⇒ 採卵 ⇒ 受精 ⇒ 凍結 40万円
卵子凍結 卵巣刺激 ⇒ 採卵 ⇒ 凍結 30万円
卵巣組織凍結 卵巣組織摘出 ⇒ 凍結 70万円
精子凍結 採精(手術含む) ⇒ 凍結

5万円
(手術を伴う場合:35万円)


凍結更新
保存方法 助成上限額
受精卵凍結 3万円/年
卵子凍結
卵巣組織凍結
精子凍結

妊娠のための治療
保存方法 治療の流れ 助成上限額
受精卵凍結 解凍 ⇒ 移植 ⇒ (妊娠) 最大10万円/回
卵子凍結 解凍 ⇒ 受精 ⇒ 移植 ⇒ (妊娠) 最大20万円/回
卵巣組織凍結 解凍 ⇒ 移植 ⇒ 自然妊娠or受精卵移植 ⇒ (妊娠)

卵巣組織再移植:60万円
受精卵移植:最大40万円/回

精子凍結 解凍 ⇒ 妻の採卵 ⇒ 受精 ⇒ 移植 ⇒ (妊娠) 受精卵移植:最大40万円/回

生殖機能(妊よう性)温存について

がん等の患者さんが行う生殖機能(妊よう性)温存についての詳細は、こちらを御覧ください。

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 医療政策課 がん対策担当(03-5320-4389) です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

生殖機能(妊よう性)の温存について

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。