このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

教育課程(令和4年度)

教育理念・教育目的・教育目標

(1)教育理念

都立看学は、都内にある保健医療福祉施設や地域において、都民の健康の担い手として活躍できる看護師の輩出を責務とし、人々が健康でその人らしい生活が送れるよう医療の側面から支えることができる看護師を育成する。
社会のニーズに即した看護の役割を果たすために、学生がこれまで培ってきた4つの力、すなわち「感じ取る力」「考え構成する力」「表現(具現化)する力」、「成長する力」をさらに発展させながら、さまざまな対象、健康段階、看護活動の場に応じた基礎的な看護実践能力を養う。
人間の尊厳を守り、権利を擁護し、看護専門職として倫理観に基づいた責任ある行動をとるとともに、生涯にわたり学び続ける姿勢を持ち、保健医療福祉の発展に貢献できる人材を育成する。

(2)教育目的

看護師として必要な知識及び技術を教授し、社会に貢献しうる有能な人材を育成する。

(3)教育目標

  1. 対象の価値観や人生観を尊重し、健康でその人らしい生活を支えるための基礎的能力を養う。
  2. 対象の状況を的確に判断し、継続的な視点を持って必要な看護を実践するための基礎的能力を養う。
  3. 対象の尊厳を守り、権利を擁護し、看護専門職として倫理観に基づいた責任ある行動がとれる基礎的能力を養う。
  4. 他者を理解する感性を磨き、自己成長しながら人とかかわり合える人間関係能力を養う。
  5. 施設や地域で切れ目のない看護の実現に向けて、保健・医療・福祉におけるチームの一員として、多職種と協働できる基礎的能力を養う。
  6. 社会の変化と医療の動向に関心を持ち、よりよい看護の実践をめざし、自ら学び続ける能力を養う。

基礎分野

目的

幅広い教養を学び、感じとる力を培うとともに、生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性の醸成を通して、生活と健康の側面から人間を深く理解し、看護を考え、構成し、表現する力を養うことで、専門職業人として成長するための基礎的能力を養う。

構成および計画

領域科目単位数履修時期(時間)
1年2年3年
人間の理解心理学11(30)  
教育学1  1(30)
論理学11(30)  
哲学1  1(30)
人間と健康心の健康11(15)  
運動と健康1  1(15)
人間と生活社会学1 1(30) 
家族論11(15)  
文化人類学1  1(15)
物理学11(15)  
情報科学11(30)  
コミュニケーション論11(15)  
英会話1 1(30) 
パフォーマンス論11(15)  
 148(165)2(60)4(90)

専門基礎分野

目的

人間の“生きる”を支える人体の構造と機能及び障害された時の影響を学び、対象に合わせた看護を実践するための基礎的能力を養う。また、社会の変化や様々なニーズに柔軟に対応するための、保健・医療・福祉に関する基礎的能力を養う。

講義および計画

領域科目単位数講義時期(時間)
1年2年3年
人間の理解形態機能学1(日常生活行動と生物学的生命)11(30)  
形態機能学2(生命活動と免疫機構)11(30)  
形態機能学3(日常生活行動の構造と機能1)11(30)  
形態機能学4(日常生活行動の構造と機能2)11(30)  
形態機能学5(日常生活行動と生理的機能)11(30)  
生化学11(30)  
人間と健康疾病の発生と病理的変化11(30)  
感染症と微生物11(30)  
疾病と治療1
(疾病の診断過程と検査、回復を促進する治療)
11(30)  
疾病と治療2
(呼吸器・循環器・腎泌尿器の疾病と治療)
11(30)  
疾病と治療3
(運動器・内分泌代謝・血液リンパ器の疾病と治療)
11(30)  
疾病と治療4
(脳神経・消化器の疾病と治療)
11(30)  
疾病と治療5
(自己免疫・精神・小児特有の疾病と治療)
1 1(30) 
疾病と治療6
(感覚器、女性生殖器、乳房、周産期の異常時の疾病と治療)
1 1(30) 
薬理学11(30)  
食事療法とリハビリテーション1 1(30) 
これからの医療1  1(15)
公衆衛生1  1(15)
人間と生活社会保障と社会福祉1 1(30) 
医療と倫理1  1(15)
医療と法律1  1(15)
医療と経済1  1(15)
 2213(390)4(120)5(75)

専門分野 基礎看護学

目的

看護の対象である人間の生を受けてから生を終えるまでのライフサイクルと、健康の意義および保健・医療・福祉に於ける看護の機能と役割を理解し、看護の実践力となる基礎知識・技術・態度を習得する。

構成および計画

授業科目単位数講義時期(時間)
1年2年3年
看護学概論11(30)  
看護理論11(15)  
ヘルスアセスメント論11(30)  
生活援助論111(30)  
生活援助論211(30)  
生活援助論311(30)  
人間関係成立の技術11(30)  
看護倫理11(15)  
診療の補助技術1 1(30) 
クオリティ看護論111(30)  
クオリティ看護論211(30)  
クオリティ看護論31  1(30)

専門分野 地域・在宅看護論

目的

地域包括ケアシステムの構築・推進を念頭に、地域で生活する人々と家族を理解し、地域における様々な場で対象と家族の暮らしを支える看護の基礎を学ぶ。

構成および計画

授業科目単位数計画時期(時間)
1年2年3年
地域・在宅で暮らす人々の理解11(15)  
地域・在宅看護概論11(15)  
地域・在宅でのその人らしい暮らしを支える看護1 1(30) 
在宅看護技術1 1(30) 
ケアマネジメント1 1(15) 
在宅看護の展開1 1(15) 

専門分野 成人看護学

目的

成人期にある人を生活者としての視点から理解し、健康問題を抱えた成人の主体性を尊重した意思決定ができるように関わり、健康でその人らしく生活することを医療の側面から支えるために必要な援助を提供することの基礎的能力を養う。

構成および計画

授業科目単位数講義時期(時間)
1年2年3年
成人看護学概論11(30)  
生命の危機状況にある人の生きているを支える看護1 1(30) 
手術を受ける人の生きていくを支える看護1 1(30) 
病とともに暮らすを支える看護1 1(30) 
生活機能障害のある人の暮らすを支える看護11(30)  
その人らしく生きるを支える看護1 1(30) 

専門分野 老年看護学

目的

老年期にある人と家族および支える人々を理解し、その人らしく生きるための看護を実践できる基礎的能力を養う。

構成および計画

授業科目単位数講義時期(時間)
1年2年3年
老年看護学概論11(30)  
高齢者の生活機能を整える看護11(30)  
高齢者の生きるを支える看護1 1(30) 
認知機能が低下した高齢者の暮らすを支える看護1 1(30) 

専門分野 小児看護学

目的

子どもの権利の尊重を基盤として、成長発達過程を理解し、生き生きとその子らしく生活できるよう、最良の健康状態の保持・増進および健康障害の程度や発達段階に適した看護を理解する。

構成および計画

授業科目単位数講義時期(時間)
1年2年3年
子どもの成長発達と看護11(30)  
子どものヘルスプロモーションを支える看護1 1(30) 
子どもの健康状態に応じた看護1 1(30) 
子どもの成長発達を支える看護1 1(15) 

専門分野 母性看護学

目的

性の側面を踏まえて、総合的に人間を捉えるとともに、妊娠・分娩・産褥・新生児期にある人とその家族の看護に必要な知識・技術・態度を学ぶ。

構成および計画

授業科目単位数講義時期(時間)
1年2年3年
母性看護学概論11(30)  
妊婦・産婦の生命(イノチ)の育みを支える看護1 1(30) 
褥婦・新生児の生命(イノチ)の育みを支える看護1 1(30) 
生命(イノチ)の育みを支える看護の展開1 1(15) 

専門分野 精神看護学

目的

精神の健康の保持・増進、精神に障害がありながらその人らしく生きるための支援に必要な基礎的能力を養う。

構成および計画

授業科目単位数講義時期(時間)
1年2年3年
精神看護学概論11(30)  
精神に障害がある人を支える看護の基本1  1(30) 
精神の障害とともに生きるを支える看護1  1(30) 
精神の障害とともに地域で暮らすを支える看護 1  1(15) 

看護の統合と実践

目的

看護に求められる社会的ニーズを理解し、個人と集団と社会に対し、適切な看護を提供できるよう、既習学習の知識と技術を統合して、実践できる能力を養う。

構成および計画

授業科目単位数講義時期(時間)
1年2年3年
看護マネジメントとキャリア論11 1(15)  
看護マネジメントとキャリア論21   1(15)
医療安全と看護11 1(15)  
医療安全と看護21 1(15) 
災害看護・国際看護1  1(30)
臨床看護の実践1  1(30)
地域特性と看護(へき地医療と看護)1  1(15) 

臨地実習

その他

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 広尾看護専門学校 教務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。