このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

ホームカミングデー

 当校では、卒業した後も、看護師として働くみなさんを応援しています。

 ホームカミングデーは、この春卒業して病院などで働いている卒業生を対象に、母校に帰り、当時の
クラスメイトや教職員と再会し交流することで、心身をリフレッシュしてもらえるよう、開催しています。

令和3年12月22日(水曜日)午後に府中看護専門学校でホームカミングデーを開催しました。ホームカミングデーは、年に1度、卒業生が母校に集い、卒業後それぞれ違った環境で看護師として頑張っている同級生と再会し、懐かしい同級生や恩師と交流を深める機会です。
 近況報告では、卒業生から「大変だけど頑張っています」「採血が一回でとれるようになった」「プリセプターが怖い」「入院対応ができるようになった」など、臨床現場での大変なこと、辛いこと、楽しいこと、やりがい、先輩看護師の優しさなど新人看護師として経験した話を共有しました。
 忙しいなか、ご都合をつけ参加してくださった卒業生の皆さん、卒業生を育ててくださっている所属先関係機関の皆さま、ありがとうございます。臨床現場を支えている皆さんに心より敬意とエールを送ります。母校として、卒業生が悩んだとき困ったときにいつでも戻れる場所でありたいと思っています。
 卒業生の皆さんがこれからも日々の経験を積み重ね、キャリアアップし、都民の医療に貢献できるよう教員一同応援しています。

「府中看学を卒業してよかった!」と思ったことを卒業生に聞いてみました!

・実習や授業で学んだことが今、とても役立っている。(他多数)
・先生方のご指導が本当にありがたかったと感じている。
・同期が知らないことを知っていたりする。
・実習は厳しい面もあったが充実していたので、臨床現場で助言を受けることやアセス
 メ ント不足を指導していただくことについても、素直に受けとめることができる。
・実習でのカンファレンスも充実していたので、現在もカンファレンスにあまり抵抗なく発
 言し参加できている。
・先生方の指導が手厚い。困ったことがあっても親身に相談にのってくださるので、
 独りぼっちじゃないと思えること。
・毎日が楽しかった。
・教育内容・教員との距離感がよい。

45回生おかえりなさい
一人前になろうね!はい!ポーズ!

お問い合わせ

このページの担当は 府中看護専門学校教務担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

卒業生のページ

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。