このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立府中看護専門学校 の中の 校長・副校長からのメッセージ のページです。

本文ここから

校長・副校長からのメッセージ

校長挨拶

看護師になる夢の実現を全力でサポートします!

 看護は、人がその人らしく生きることを支援する仕事です。健康増進から疾病予防、病気からの快復、さらには人生の終焉にいたるまで、身の回りのお世話や、治療に必要な注射や検査などの診療の補助を行います。健康を害するということは、その人の生活を一変させるだけでなく、人生をも大きく変えてしまいます。看護師は、最も身近で患者さまに寄り添い、思いに耳を傾け、患者さまのQOL向上を目指して支援していきます。看護の仕事の魅力は、仕事を通じて、様々な人々と接することができる職業でもあり、同時に、自分自身も成長し続けることができることです。

 今日、医療をめぐる環境は、大きく変化し続けています。全世界が直面している未曽有の感染症との闘いもその一つです。この未知の感染症は、図らずしも医療従事者の役割や使命などを社会に知らしめることにもなりました。このような状況のなか、看護師をめざしたい!という使命感をもっている方、どうぞ府中にお出で下さい。

 府中看護専門学校は、総合的な医療施設である「多摩メディカルキャンパス」内の一角にあります。看護実践力を身に付けるには、臨地実習が必須です。その実践力を見つける実習環境が大変整っているのが府中の特長です。教職員一同、皆様の夢の実現を全力でサポートしていきます。
 
 

 都立府中看護専門学校 校長 安井 静子

副校長挨拶

「府中看学」でともに看護を学びましょう。

 都立府中看護専門学校のホームページを訪ねて下さった皆さん、看護に、そして本校に関心を持ってくださって、本当にありがとうございます。

 昨年より、COVID-19感染症は、私たちが健康な生活を送ることがいかに重要な課題であるか、そして、看護がいかに大切な役割を果たしているかについて、改めて考える機会となりました。看護師は、その対応ひとつ、判断ひとつが人々の命に直結する厳しい一面があります。しかし、療養生活支援の専門家として社会に貢献し、人間として成長し続けることのできる素晴らしい職業です。

 本校は、都内で活躍する質の高い看護師の養成を使命とし、優秀な卒業生を数多く輩出しています。学生は、多摩地域を中心に全国各地から集まり、日々、切磋琢磨しています。

特に、学年を超えた情報交換・交流が盛んで、思いやりのある心優しい学生同士、互いに協力しあって、学びを深めています。看護の知識、技術を学び、心豊かな人間力を培います。

学校のある多摩キャンパス内に病院や施設は合わせて5つ、学習環境、実習環境は全国有数と自負しています。第一線で活躍する講師陣から、専門的かつきめ細やかな講義、実習指導を受けることができます。高度専門的な看護と人々のQOLを高める看護を学び、看護のプロフェッショナルを目指します。

 皆さん、「府中看学」でともに看護を学びましょう。

 

都立府中看護専門学校 副校長 山田 智子

お問い合わせ

このページの担当は 府中看護専門学校 庶務担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

東京都立府中看護専門学校

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。