このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

学校概要

 
 看護学校は、高校又は中等教育学校卒業以上が入学資格になります。当校は3年間の看護専門学校で、3年次に当校が規定している全科目修了見込みが要件となり、毎年2月に行われる看護師国家試験を受験しています。

 
 卒業後、看護師として活躍する場は病院、診療所、老人保健施設、訪問看護ステーションなど、多岐にわたります。私たちは卒業生の皆さんが各々の生活スタイルに合わせて、自分に合った就職先で地域で支える看護師として長く活躍してくれることを願っています。

 
 当校は、昭和46年に都立荏原高等看護学院として開校し、昭和52年に現在の学校名となり、今年で開校50周年を迎えました。

早くから男子学生や社会人入学生を受け入れており、多彩な経験をもつ学生どおし、互いに学びあい支えあいながら日々の学習生活を過ごしています。

 
 基礎分野では、看護の対象である人間を理解し、幅広いものの見方、考え方を学べるように科目を配置しています。専門基礎分野では身体の構造や機能、疾患・治療・社会保障など看護を学ぶ土台を学習します。専門分野と統合分野は「看護」を学びます。入学後すぐ基礎看護学を学習し、その後、人間の成長発達段階や健康状態に応じた看護を学んでいきます。統合分野は生活の場や医療の現場にあわせた学習に繋がるように計画しています。

詳細は、こちら(教育課程のページ)をご確認下さい。

 
 1年次から学生の国家試験対策員と担任教員で話し合いながら取り組んでいます。
その結果、毎年、看護師国家試験の合格率は全国平均を上回っているところです。100%合格を目指して、現在も取り組んでいるところです!

 入学前に本校を選択した理由は“入学料や授業料の安さ““施設の充実“等でしたが、入学後に本校の魅力を聞くと”相談しやすい“”先輩・後輩・現役・社会人との交流“”教職員と学生の雰囲気”など、人との関係に魅力を感じている学生が多くなっています。

お問い合わせ

このページの担当は 荏原看護専門学校 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。