このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

特定動物の規制が変わりました

「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、令和2年6月1日以降は、以下のように変わりました。

1 特定動物に交雑種を追加

特定動物の対象に、特定動物が交雑して生じた動物も加わりました。

1 両親が特定動物の場合

2 親のどちらか一方が特定動物の場合

※交雑種どうしの交配により生まれた子は、特定動物ではありません。

2 愛玩目的での飼養等の禁止

特定動物の愛玩目的での飼養又は保管が禁止されました。
令和2年6月からは、特定動物の新規の愛玩目的での飼養許可申請はできません。
ただし、令和2年5月末日までに愛玩目的での飼養・保管許可をお持ちの方は、飼養・保管をしている個体に限り、飼養の継続が可能です。
特定動物リスト(環境省ホームページ)をご確認ください。

3 施設の基準

「東京都動物の愛護及び管理に関する条例施行規則」において、動物の区分別に施設基準を設けていますので、これらを満たす必要があります。
※ 詳細はこちらをご覧ください。

条例の施行規則が改正され、交雑種の施設基準が追加されました。(下線部が改正部分です。)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 動物愛護相談センター 業務担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

特定動物

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。