このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

改正動物愛護管理法について

令和元年6月19日に公布された「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」の概要についてお知らせします。
※詳細は、環境省ホームページをご確認ください。

1 主な改正内容

1 動物取扱業による適正飼養等の促進等

  • 登録拒否事由の追加
  • 環境省令で定める遵守基準を具体的に明示(遵守基準:飼養施設の構造・規模、環境の管理、繁殖の方法等)令和3年6月1日施行】
  • 出生後56日を経過しない犬又は猫の販売等を制限【令和3年6月1日施行】

2 動物の適正飼養のための規制の強化

  • 適正飼養が困難な場合の繁殖防止の義務化
  • 特定動物(危険動物)に関する規制の強化(愛玩目的での飼養等を禁止、特定動物の交雑種を規制対象に追加)特定動物の規制が変わります
  • 動物虐待に対する罰則の引き上げ(殺傷:懲役5年又は罰金500万円、虐待・遺棄:懲役1年又は罰金100万円)

3 マイクロチップの装着等【令和4年6月1日施行】

  • 犬猫の繁殖業者等にマイクロチップの装着・登録の義務化 (義務対象者以外には努力義務を課す)
  • 登録を受けた犬猫を所有した者に対する変更届出の義務化

4 リーフレット

2 施行日

〇令和2年6月1日施行

  • 下記以外の改正事項全般

〇令和3年6月1日施行

  • 環境省令で定める動物取扱業の遵守基準
  • 出生後56日を経過しない犬・猫の販売規制

〇令和461日施行

  • マイクロチップの装着・登録義務等のマイクロチップ関連の事項全般

犬の登録と毎年度1回の狂犬病予防注射は飼い主の義務です

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 動物愛護相談センター 業務担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

改正動物愛護管理法

  • 改正動物愛護管理法について
ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。