新型コロナウイルス感染症 緊急包括支援事業

介護分の緊急包括支援事業

<法人分>
介護事業所・施設等を運営する法人からの申請分については、令和2年12月25日(金曜日)をもって終了いたしました。

<個人分>
慰労金の個人申請受付は、令和3年1月29日(金曜日)をもって終了いたしました。

<法人分・個人分>
やむを得ない事情により、申請がお済みでない場合には、速やかに東京都新型コロナウイルス緊急包括支援事業コールセンター(0120-591-105)へお問い合わせください。
その上で、ご提出いただく場合は、令和3年2月26日(金曜日)必着で御申請ください。

  • 事前の相談がなければ、受け付けできない場合がございます。
  • こちらは介護サービス従事者向け慰労金等に関するホームページです。
    慰労金については医療従事者向けも実施しており、他分野の様式での作成、提出先の誤りがある場合には受け付けできません。

医療従事者向け>
HP:https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/smph/iryo/kansen/iroukin.html
コールセンター:044-959-2647

障害福祉サービス従事者向け>
HP:https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/covid19-kinkyuuhoukatsu/disability.html
コールセンター:0120-591-105(介護分と同様)

※本ページは交付申請に関するページです。
実績報告に関してはこちらをご覧ください。

対象事業所・対象者

感染対策徹底支援事業

補助対象経費等

感染症対策を徹底した上で、サービスを提供するために必要な通常の介護サービスの提供では想定されない以下のような経費
<例>
物品購入費、外部専門家による研修実施(受講(旅費、宿泊費含む))費、面会室の改修費、消毒・清掃費、人件費、自動車購入(リース)費、ICT機器購入(リース)費、賃料、使用料、交通費、送迎費、同行指導謝金(居宅介護職員)等

補助対象者及び補助基準額

補助対象期間

令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

補助率

10/10

職員に対する慰労金の支給事業

支給条件・支給金額

慰労金の申請額フローチャート
  • 対象期間(※※)に10日以上勤務した者であること
  • ※一日当たりの勤務時間は問わない
  • ※複数の事務所で勤務した場合は合算して計算する

補助率

10/10

在宅サービス事業所による利用者への再開支援助成事業

補助条件・補助対象経費等

<介護分>

【居宅介護支援事業所】
在宅サービスの利用休止中の利用者に対して、健康状態・生活ぶりの確認、希望するサービスの確認(感染対策に係る要望を含む。)、サービス事業所との連携(必要に応じケアプラン修正)を行った事業所

【居宅介護支援事業所を除く在宅サービス事業所】
利用休止中の利用者に対して、介護支援専門員と連携した上で、健康状態・生活ぶりの確認、希望するサービスの確認を行った上で、利用者の要望を踏まえたサービス提供のための調整等(感染対策に配慮した形態での実施に向けた準備等)を行った事業所

  • 利用を休止中の利用者とは、過去1か月間の間、当該在宅サービス又は在宅事業所のサービスを1度も利用していない利用者をいう。

補助対象者及び補助基準額

補助対象期間

令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

補助率

10/10

在宅サービス事業所における環境整備への助成事業

補助条件・補助対象経費等

利用者のサービス再開支援をする中で、感染症対策徹底に向けて「3つの密」を避けてサービス提供を行うために必要な環境整備に要した経費
<例>
長机、飛沫防止パネル、換気設備等の購入・設置、電動自転車の購入・リース、ICT機器の購入又はリース費用、感染防止のための内装工事費

補助対象者及び補助基準額

補助対象期間

令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

補助率

10/10

申請方法

既に交付申請がお済みで、交付決定通知書を受領されている法人におかれましては、必ず実績報告書をご提出いただく必要がございますので、交付決定通知書受領後概ね1か月以内を目安にご提出いただきますよう、お願いいたします。

実績報告書の提出についてはこちら

関連書類ダウンロード

法人

介護事業所・施設等を運営する法人からの申請分については、令和2年12月25日(金曜日)をもって終了いたしました。
やむを得ない事情により、申請がお済みでない場合には、速やかに東京都新型コロナウイルス緊急包括支援事業コールセンター(0120-591-105)へお問い合わせください。
その上で、ご提出いただく場合は、令和3年2月26日(金曜日)必着で御申請ください。

  • 事前の相談がなければ、受け付けできない場合がございます。
  • こちらは介護サービス従事者向け慰労金等に関するホームページです。
    慰労金については医療従事者向けも実施しており、他分野の様式での作成、提出先の誤りがある場合には受け付けできません。

退職者等の個人による申請(特例)

慰労金の個人申請受付は、令和3年1月29日(金曜日)をもって終了いたしました。
やむを得ない事情により、申請がお済みでない場合には、速やかに東京都新型コロナウイルス緊急包括支援事業コールセンター(0120-591-105)へお問い合わせください。
その上で、ご提出いただく場合は、令和3年2月26日(金曜日)必着で御申請ください。

  • 事前の相談がなければ、受け付けできない場合がございます。
  • こちらは介護サービス従事者向け慰労金等に関するホームページです。
    慰労金については医療従事者向けも実施しており、他分野の様式での作成、提出先の誤りがある場合には受け付けできません。

医療従事者向け>
HP:https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/smph/iryo/kansen/iroukin.html
コールセンター:044-959-2647

障害福祉サービス従事者向け>
HP:https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/covid19-kinkyuuhoukatsu/disability.html
コールセンター:0120-591-105(介護分と同様)

よくあるご質問・お問い合わせ

お問い合わせは電話で受け付けています

◇事業や実績報告書の作成方法について
東京都新型コロナウイルス緊急包括支援事業コールセンター

電話番号:0120-591-105
(受付時間は、9:00〜18:00 土日祝日を除く)

厚生労働省HP(「介護サービス事業所・施設等における感染症対策支援事業等及び職員に対する慰労金の支給事業」について)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00144.html

・医療分はこちらのページをご覧ください
医療分のページ新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/iroukin.html

医療機関・薬局等における新型コロナウイルス感染症感染拡大防止等支援事業
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/shienkin.html