このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

思春期・青年期相談の案内

下記のような思春期・青年期の問題でお困りの方、ご本人やご家族、または学校等関係機関の方からのご相談をお受けしています。

  • 学校や職場に行かれず、あるいはやめてしまい家にひきこもっている。
  • 家族と関係がうまくとれず、時には暴力をふるうこともある。
  • 学校、友達、職場等で人間関係がうまくいかず悩んでいる。

思春期・青年期相談

1 電話相談   まず、電話にてご相談ください。
  相談専用電話 03-3302-7711 
2 面接相談
  電話でお話をうかがってから、必要に応じて面接相談(予約制)を行います。
  義務教育終了後から30代の方が対象となります。

思春期・青年期家族講座

思春期・青年期(義務教育終了後から30代の方を対象)に見られる、心理的問題等によるひきこもり、その他の行動上の問題でお悩みのご家族を対象に、家族講座をおこなっています。
目的
 ・ご家族が思春期・青年期に対する理解を深める。
 ・子どもとの関係や対応について学び、考える。
日時
  原則月曜日(☆第4回のみ火曜日) 午後2時から午後4時まで
会場
  東京都立中部総合精神保健福祉センター
対象
  保健所等の地域関係機関や当センターで個別相談を継続している方
申込み方法
  当センター相談担当にご相談ください。
  電話 03-3302-7711(都民の方)
  電話 03-3302-7430(関係機関の方)
プログラム
  1クール、5回シリーズで年2回実施します。

令和2年度 プログラム
テーマ
1回 思春期・青年期の特徴
2回 当事者による体験談
3回 家族による体験談
4回 家族間のコミュニケーション
5回 思春期・青年期の親と子の関係

お問い合わせ

このページの担当は 中部総合精紳保健福祉センター 広報援助課 相談担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

精神保健福祉相談

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。