このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立中部総合精神保健福祉センター の中の お知らせ の中の 「第15回うつ病休職者の職場復帰支援を考えるフォーラム」のご案内 のページです。

本文ここから

「第15回うつ病休職者の職場復帰支援を考えるフォーラム」のご案内

メインテーマ:「しなやかな働き方を支えるために」 

日時

令和4年10月26日水曜日
午後0時30分から午後4時(予定)まで (受付開始時間:午後0時)

会場

・オンライン(Zoomウェビナー)

・座・高円寺2 (東京都杉並区高円寺北2丁目1番2号)

 JR「高円寺駅」下車 徒歩5分

対象

職場のメンタルヘルス部門(健康・人事・総務)担当の方
産業医の方・産業保健師・心理職等の専門職の方

申込

事前申込制・入場無料 定員400名(オンライン200名 会場200名)
*申し込みにあたりましては、オンラインもしくは、会場のどちらかをお選びください。

主催

東京都立中部総合精神保健福祉センター
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 東京支部 東京障害者職業センター

このフォーラムは、東京都職場のメンタルヘルス対策推進キャンペーン協力セミナーです。

プログラム (敬称略)

テーマ 講師

情報提供(午後0時30分)

事業紹介
「リワーク東京の支援の実際」

東京障害者職業センター 

リワークセンター東京 

リワークカウンセラー  
飯野 さとこ

基調講演(午後1時)
講演1

「しなやかに考え行動して自分らしく生きる」

一般社団法人 認知行動療法研修開発センター理事長

ストレスマネジメントネットワーク代表 
大野 裕
講演2

「認知行動療法を活かして人を育てる」
~発達障害傾向のある人の復職やグローバルな人材育成への取り組み~

東京都立中部総合精神保健福祉センター

副所長 菅原 誠 
 (高知大学客員教授)

トークセッション   司会:菅原 誠

「思考パターンを見直して行動を変えてみよう」 登壇者:大野 裕 ・ 菅原 誠

指定発言者:東京都立中部総合精神保健福祉センター生活訓練科 公認心理師 前山 文枝

参加お申し込み方法

インターネットからの電子申請のみです 。申し込みはこちら
https://www.shinsei.elg-front.jp/tokyo2/navi/procInfo.do?govCode=13000&acs=R4utunavi
 (東京共同電子申請・届出サービスのページにジャンプします)      


スマホ申込用二次元コード

・入力されたメールアドレス宛てに申請到達・受理(完了)通知が送付されます。「@elg-front.jp」ドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

【オンライン(Zoomウェビナー)に参加される方へ】
**注意:オンライン参加の方は電子・申請のみではご参加いただけません。必ず、開催当日までに、Zoomの事前登録を行ってください。本フォーラムでは、Web会議システム「Zoomウェビナー」(事前登録制)を利用します**
・参加される方は、後日メールにて別途オンライン(Zoom)参加用のURL、ミーティングID、パスコードをご案内申し上げますので、「S0200145☆section.metro.tokyo.jp(☆印を@に変えてください)」からのメールが受信できるよう設定をお願いいたします。

【会場に参加される方へ】
・申請到達・受理(完了)通知によって受付をいたしますので、開催当日は、送付された申請到達・受理(完了)通知を印刷してご持参ください。
・申請到達・受理(完了)通知を印刷することが難しい方は、当日名刺の提出によって受け付けます(画面提示では受付できません)。
・新型コロナウィルス感染症の状況によっては、全員Web配信になる可能性があります。予めご了承ください。

【電子申請の操作方法に関するお問い合わせ】
電子申請サービスヘルプデスク:電話 0120-03-0664(平日 8時30分~18時)

お申し込み締切

令和4年10月18日(火曜日)17時
※定員に到達次第締め切ります。 申し込みはお早めに!

会場への交通案内

座・高円寺公式ホームページ  http://za-koenji.jp

お問合せ

東京都立中部総合精神保健福祉センター広報援助課 計画調査担当
電話 03-3302-7702 

関連情報

東京都産業労働局 TOKYOはたらくネット
「職場のメンタルヘルス対策推進事業」
https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/kaizen/mental/suishin/

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 東京都立中部総合精神保健福祉センター 広報援助課 計画調査担当  です。

本文ここまで


以下 奥付けです。